おせっかいから学ぶ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1019
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぱんな
親切のつもりだったのに、おせっかいだと言われて悲しい。。。

STEP1<b>【気付く】</b>

Photo by ぱんな
おせっかいな行動を繰り返さない為には、まず、自分の行動がおせっかいな行動になってしまったかどうか、に気付く事も大切です。親切の気持ちで行っていると、良い事、という印象が強くなり、上手く気付けない場合もありますので、少し気を付けてみましょう。

STEP2<b>【覚えておく】</b>

Photo by ぱんな
相手におせっかいだと言われてしまった時や、あまり感謝されなかった時の事を覚えておくようにしましょう。ここまでするとやり過ぎになってしまう、あの人にとっては嬉しい事ではなかったみたいだ、などについて心に留めておき、今後の人間関係の中で役立ててみましょう。

STEP3<b>【調整する】</b>

Photo by ぱんな
自分が基本的におせっかいな傾向にある時には、自分の中で気持ちを調整して、行動を少しセーブするようにしてみましょう。自分の気持ちが調整できるようになったら、今度は人によって調整してみるのも良いでしょう。
あまりいろいろ人から何かをされたくない人もいれば、親切にしてもらった事をすごく嬉しく思う人もいます。お互いに良い気持ちになれるように、相手によって行動を調整できるように練習してみましょう。

まとめ

おせっかいと親切の境目は難しいものですよね。おせっかいから、上手に学び、より良い親切を目指しましょう☆

illustration by panna

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ