写真撮影の時の恥ずかしさに負けないポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぱんな
写真を撮られるのが恥ずかしい。。。

STEP1<b>【恥ずかしい気持ち】</b>

Photo by ぱんな
写真を撮られるのが恥ずかしい、と感じる人もいるでしょう。恥ずかしくても、写真撮影を楽しめれば良いのですが、苦手、自信がない、という気持ちも合わさると、そんな気持ちが写真に表れてしまう事もあります。まずは、恥ずかしさの原因が何なのか、自分で考えてみるのも良いでしょう。

STEP2<b>【慣れる】</b>

Photo by ぱんな
何かほかの事についてでも、やり続けているうちに、恥ずかしい気持ちが薄まっていく事があります。ポーズをとったり、表情を工夫したり、というのが普段慣れていない事で恥ずかしいと思う人は、自分が慣れるまで、一人で練習してみるのも良いでしょう。

STEP3<b>【出来上がりを考えない】</b>

Photo by ぱんな
自分がどんな風に写っているのか、というのを、シャッターを押す瞬間に考えてしまう人もいるのではないでしょうか。自分の写真に対して、今まで良いイメージがないと、出来上がりが気になって恥ずかしくなる時もあります。
撮影の時は、その瞬間を楽しむ事を意識してみましょう。どんな出来上がりだったとしても、今の私の中では一番、というように、自分への声掛けを考えてみましょう。

まとめ

ちょっと照れた感じがかわいく写る事も♪ 恥ずかしさを上手に活かしましょう☆ illustration by panna

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ