子供の金銭教育をする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

子供たちのお小遣い事情を調べてみると

高校生 6000円
中学生 2800円
小学校高学年 1500円
小学校低学年 1000円

くらいが平均のようです。
しかし、そのお小遣いをどうやってもらい、どう使っているのでしょうか?

子供たちの金銭教育はどうするべきでしょうか?

STEP1使い道のほとんどは

飲食代、漫画、ゲーム、雑誌などに使われているようです。

しかし、もらい方としてはほとんどが定額制となっています。
そのためお金の使い方について正しい認識を持っている子供が少ないことが問題となっていて、子供の金銭教育の必要性があると考えられています。

STEP2お金は本来

・働いて稼ぐもの
・必要なものを手に入れるもの

であるべきです。

STEP3しかし

子供はいとも簡単にお金を手に入れ、
欲しいものを躊躇せずに購入することを覚えてしまっています。

子供にお金のありがたさ、大切さを教えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

STEP4まず、

・お小遣い帳をつけさせ、親がチェックする。

お小遣い帳をあわせてから次のお小遣いを渡すことを習慣づけましょう。

STEP5もう一歩進める場合には

・定額制をやめ、働いた対価としてお金を渡す。

お手伝いでも勉強でも習い事でも、それぞれに約束事を作りましょう。

お皿洗いをしたら50円、お風呂掃除をしたら50円などというように
家庭ごとに決めればよいと思います。

STEP6働かざるもの

食うべからず。

を基本にお金の大切さを覚えさせれば、お金に対する認識も変わると思います。

まとめ

お金の大切さを身をもって覚えさせましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

お小遣い帳

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ