短期職業体験で憧れから一歩前進、1度きりお仕事体験もアレンジ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by fe94
憧れの職業や将来就きたい仕事にチャレンジする前に実際にその職業で活躍されている人と1日~3日程度、体験を通してアドバイスが貰えると実際どんな準備をすれば良いか具体的に見えることで目標や今するべき事が明確になるお手伝いをします。

また一度経験してみたい職業が有るなどのご希望にも対応します

STEP1

先ずは実際に憧れる職業に就いている人や環境に御自身を置いてみましょう!

例えば、エステシャンになりたいのであれば1日の準備や接客方法。本当に必要な機材やランニングコスト。
その他、カフェを開業・農業・介護ヘルパー・プロデュサーなど色々。
また実際の事業を経営したい場合に経営者の仕事って何をすれば良いのか、起業する場合の苦労って何があったのか?

先輩の経験を聞き成功する為に自分は何を補えば良いかが明確になります。

また憧れの仕事じゃないけど『1度だけ体験したい仕事』のアレンジも対応します。

STEP2

一定年数を経験した先人達の多忙な時間を割いて頂く事が必要ですので社会見学気分や単に知りたいからっと言う興味本位で臨むのは止めましょう!

プロは1分1秒も惜しまず御客様の為に企業運営や社員の為に真剣に仕事をしています。軽い気持ちで時間を費やす事はNGですね。


更に知れば働く人の気持ちが分かる『1日お仕事体験』のご希望もサポートしています。

まとめ

短期での体験です。
予め確認したい事を明確にしておくのも必要になります。
知らない事に直面した場合はメモして昼食などの休憩時間に教えて貰うようにするのが良いでしょう。

まだ知らない世界を1度でも体験することで仕事をする側の苦労が理解できることもあります。(例:接客業、サービス業などご相談に柔軟に対応します)


Facebook
http://www.facebook.com/fe94tsujimoto

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

聞きたい事を自分のペースで一方的に質問ばかりするのも要注意です。 1日お仕事体験では色々な業種のアレンジをします。 コミュニケーションの取り方には十分に気をつけて失礼の無いように体験しましょう。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ