親切とおせっかいを見分ける方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1336
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ayakan0519
相手のことを思ってしている行為でも限度を超えるとおせっかいになってしまいます。自分はそんなつもりはないのに……と戸惑ってしまうこともあるでしょう。
そこで、おせっかいと思われないための方法をご紹介します。

STEP1自分がしてほしくないことはしない

Photo by ayakan0519
親切なのか、おせっかいなのかは相手側の受け取り方の違いです。相手がしてほしくないと思っていることをすれば、それはおせっかいになってしまいます。
まずは、自分がしてほしくないことはしないようにしましょう。自分がしてほしくないことは、相手もしてほしくないでしょう。
親切心で何かする前に、自分ならどう思うかということを考えてみましょう。

STEP2相手の性格を知る

Photo by ayakan0519
親切をする相手がどういう性格か見極めることが大切です。何でも自分でやりたい性格の人への親切は、おせっかいと思われてしまうことがほとんどでしょう。逆に、同じ親切心でも、他人に頼りがちな性格の人への親切は、とても感謝されるでしょう。
また、相手のプライベートな部分に深く関わるような親切をする場合は、特に注意が必要です。基本的に他人に関わってほしくないと思っている人がほとんどだからです。

STEP3相手に許可を求める

Photo by ayakan0519
親切をする前に、相手にしてもよいか確認してみるのも一つの方法です。相手がおせっかいだと思えば断るでしょう。
断られていい気持ちはしないかもしれませんが、この時こそ、相手の性格を知るいい機会です。断られたことで、親切とおせっかいに対する相手の境界を知ることができます。そうして、徐々に相手の境界を見極めていきましょう。

まとめ

あまりに他人に無関心な社会では、あじけない社会となってしまいます。
おせっかいに思われるかどうかなど気にせず、親切なことを行えるような世の中にしたいですね。
ただし、何事も限度を超すと嫌われますので、ほどほどにしましょう。

photo by ayakan0519

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ