iPhoneが発する高周波を、人体に影響与えない方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 主婦
アップルのスマートフォン『iPhone』を人体に15ミリ以上近づけて使用すると、総務省が定めている高周波エネルギーの基準値を超えることがあるという。 これは『iPhone』に付属されている小冊子『この製品についての重要なお知らせ』に書かれていますよ。

STEP1

Photo by 主婦
まずは『iPhone』に付属されている小冊子を確認する。

STEP2人体に15ミリ以上離して使用する!

STEP3

Photo by 主婦
15ミリ以上離して使用できないひとは、下記のグッズがおすすめですね。

>>
レイ・アウトは、iPhoneのケースや周辺機器など4製品を発売すると発表した。

 ハンズフリーで通話ができる「RT-P1ME1シリーズ」は、ボリューム・マイク付インナーイヤーヘッドホンだ。iPhoneの電話を受けるのも切るのも1ボタンで行えるほか、着信拒否や割り込み通話にも対応。また、ファンクションボタンを長押ししたり2回押したりすると、音楽やビデオ再生も操作できる。。直販サイト価格は2980円だ。

インナーイヤーヘッドホン。ホワイト、ブラックの2色
 iPhone用のシリコンや皮ケースをいち早く出したレイ・アウトだが、新作ジャケットやケースが登場した。「RT-P1DS1」は2色の異なる色のシリコンで作られたジャケットで、液晶面を保護する本体表面保護フィルム付。直販サイト価格は1480円。

 レザージャケット「RT-P1LC4」と「RT-P1LC5」は黒い仔牛革にオレンジステッチを施したケースだ。新たにカードホルダが付き定期券やICカードを入れられるようになった。ジャケットのみの「RT-P1LC4」は直販サイト価格3480円、タッチペンが付いた「RT-P1LC5」は3980円。

https://sv20.wadax.ne.jp/~ray-out-co-jp/bonmarche/85.html

まとめ

怖いですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集

ピックアップ

ページ先頭へ