赤ちゃんが生まれたお祝いのタイミング

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

出産を終えた知人や親せき。 早く赤ちゃんの顔を見たいし、お祝いにも行きたい! そう思うのは当然のこと。 でも出産を終えたばかりのお母さんのことを最優先に考えてあげてください。

STEP1

出産後1か月は寝て休んだほうがよい。と言われるくらい出産は大変なこと。

お祝いには早く行きたいと思っても、相手の体調などを考えると少し時間をおいてからにしてあげたほうがいいと思います。

「大丈夫よ」と言われても、本当は無理をしている。
なんていうこともあります。

親しき間柄だからこそ、少し遠慮しましょう。

STEP2

しばらくたって体調が回復し始めたころを見計らってお祝いにいきましょう。

相手の都合をよく聞いて、時間は短時間で。
おかまいしてもらわないように、こちらからお菓子などを持っていきましょう。

STEP3お祝いは赤ちゃん中心よりもママ中心で。

ママが楽できるもの、喜んでもらえるものを考えましょう。
甘いもの・・と思いがちですがケーキやチョコレートなどは母乳の出に影響を与えると言われているので食べられない場合もあります。

ママが元気になってから使えるものなどを選ぶのがよいかもしれません。

STEP4

赤ちゃんのおむつなども買い物が大変な時期なので喜ばれます。

赤ちゃんの洋服を選ぶのならば大き目のものを季節を考えて。
あまり奇抜なものは実用的ではないので使い勝手が悪い場合もあります。

STEP5お祝いは昼間に短時間で。

ごゆっくりと言われても、
改めてゆっくり来ます。
と言って早めにお暇しましょう。

STEP6

地方などでは、1日も早くお祝いに行くのがよいと思われている地域もあります。
また、必ずママは着替えて赤ちゃんをお見せする。
という風習があたりまえのように思われている場合も多いようです。

けれど、実際にはママも赤ちゃんも普通の生活ペースではありません。
相手のことを気遣う気持ちを大切にしたいですね。

まとめ

ママの体調をいたわってあげてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

心配り

特集

ピックアップ

ページ先頭へ