小さい子どもへの対応は? 電話を掛けるときに必要なこととは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
小さい子どもがいる家庭へ電話を掛けるときは、掛けるタイミングが難しいですね。また、電話にでるときも状況によっては難しいときもあります。そんなとき、ちょっとした心遣いでずいぶん違ってきます。

STEP1

電話を掛ける相手に小さい子どもがいることがわかっている場合は、電話口で騒がれることを覚悟したうえで掛けましょう。また、お昼寝の時間帯や夜遅くは避けるようにしたいですね。

STEP2

小さい子どもがいる場合、電話を受けるときは子どもから目を離さないことが大切です。
また、ぐずって泣き出したりして、電話の続行が難しくなった場合は、折り返し電話を掛け直すようにしてください。

STEP3

ほかの家族が家にいるときは、子どもの面倒をみてもらうか、可能なら代わりに話を聞いてもらうなど臨機応変に対応しましょう。

まとめ

在宅で仕事をしている場合、電話口で子どもの声が聞こえないように気をつけましょう。たとえ「家」であっても「職場」なのですから……。 また、親しい友人同士の電話でも、電話口で子どもを遊ばせないなど注意を払いましょう。電話は「おもちゃ」ではないことを教えることも大切ですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

相手への思いやり 電話の大切さを認識すること

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ