電話に出るタイミングとは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
電話のベルが鳴ったら、できるだけ早く受話器を取ることはビジネスの世界では常識ですね。こういうことは、一般家庭にも通じることです。ここでは、そのポイントをいくつかお話ししたいと思います。

STEP1電話が鳴ったら、3コール以内にでるようにしたいですね。

それ以上の場合は「お待たせしました」とひとこと付け加えるようにしたいですね。

STEP2

ひとり暮らしの場合など、どうしても手が離せないときもあります。
「常時・留守電」に設定しておくと安心できます。

まとめ

ちなみに、私は2コール後「留守電」に切り替わるようにしています。また、家にいるときは、すぐ手が届くところに子機を置いていますので、2コールを待たずに電話にでることができます。 電話のベルが鳴る前に「カチッ」という金属音がしますので、電話にでるための用意ができます。でも、家庭の電話口にでるのがあまり速すぎると相手が驚きますので、ほどほどにしてくださいね。 私は、電話交換業務の経験がありますので、どうしても「カチッ」に反応してしまうという悲しい習性をもっています。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

相手を待たせないこと

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ