<厳島神社>世界遺産の楽しみ方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

1996年 世界遺産に登録された「厳島神社」

映像や画像が頻繁にテレビなどでも取り上げられるため、
イメージとしては非常に有名なものです。

実際に厳島神社を訪れるときの注意点やポイントをご紹介します。

STEP1アクセス

宮島に行くにはフェリーに乗ることになります。
フェリーですが、島内の道はとてもせまく車を持ち込んでも全く役に立ちません。
そのため車は対岸のフェリー乗り場の駐車場に置いていくことをお勧めします。

広島市内から公共の乗り物でアクセスする場合には、広電の路面電車ではなくJR線のほうが移動時間が短くなります。

フェリーは数本あり頻繁に出ているので乗船で待つことはほとんどありません。

STEP2船にのれば

厳島神社は目の前です。
近づいて来る厳島神社の朱色の鳥居と島の緑色、海のブルーのコントラストはとても美しいものです。

STEP3鹿に注意

船着き場から厳島神社への参道は迷うことはありません。

注意しなくてはならないのは鹿。
人にとてもなれていて、時々乱暴な鹿もいます。

食べ物などを持っているといつまでも追いかけられるときもあります。
小さな子供さんは注意してください。

STEP4見所

厳島神社は、朱色の鳥居と神殿のみではありません。

数々の国宝、重要文化財がありさらに近辺には寺社が点在しています。

STEP5散策コース

自然が豊富で宮島ロープウェイを使って散策するコースもおすすめです。

宮島ロープウェイは2本のロープウェイをつかって山頂に移動するもので、途中の景色もとても素晴らしいものです。
山頂付近には猿がたくさんいます。
持ち物には注意してください。

STEP6じっくりがおすすめ

同様に広島にある世界遺産「原爆ドーム」と「厳島」を1日で回ろうという計画をする人が多くみられますが、どちらも見どころは多く2~3時間で観光できるものではありません。

2日にわけてじっくりと楽しんでもらえるとよいとおもいます。

STEP7宿泊施設

厳島神社のある宮島には宿泊施設も複数あります。

島内からみる夜の鳥居の美しさもまた格別です。
夏場には付近で大きな花火大会も開かれ、その際には宿泊施設はすぐにいっぱいになってしまいます。

STEP8グルメ

島内では、名物の牡蠣、あなごめし、お好み焼き、もみじまんじゅうなど美味しいものもたくさんあります。

ゆっくり散策しながら美味しいグルメも楽しみましょう。

詳しくは 宮島観光公式サイト
http://www.miyajima-wch.jp/

まとめ

厳島だけで1日楽しめます。
1日かけて観光するつもりで訪れましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

歩きやすい靴 動きやすい服装

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ