「記憶力」をアップさせる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2096
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンファー株式会社
はじめに
取引先の人の名前が一向に覚えられない。以前は人の名前をすぐに覚えられたのに、いつからか覚えられなくなった。携帯を変えて半年たったのに、新しい電話番号が未だに覚えられない。そんな自覚症状が出てきたら、脳の働きが衰え始めてきたエイジングサインかも。

STEP1症状

人の名前や流行の歌が全くインプットされない。 最近変えた携帯の電話番号が、半年たっても覚えられない。

STEP2原因

情報は増えるのに、記憶力は低下する!

人の記憶力は、20代をピークに、歳をとる毎に低下していきます。例えば、子供の頃はスポンジが水を吸収するように日常の動作や言葉を覚えていき、学生の頃は勉強や趣味などから色々なことを覚えていきます。

しかし、一定の歳になると、誰でも脳の記憶する働きが低くなります。加齢に伴って、脳機能の低下に反比例する様に、社会人として複雑な情報の記憶が要求される様になり、一度に処理出来なくなる事で簡単なこと(名前等)を覚えられなくなります。

STEP3対策

朝1杯の卵かけ納豆ごはんが、人生を変える!?

私たちが生きるために使うエネルギーのうち、約20%は脳を働かせるために利用されています。しかし、寝ている間にエネルギーは使いつくされ、朝起きた時には脳のエネルギーは空っぽ状態。そこで重要になるのが朝ごはん。

脳のエネルギー源となるブドウ糖をしっかりと摂りましょう。ブドウ糖はパンやご飯にも含まれていますが、オススメはなんといっても卵かけ納豆ごはん!卵、納豆、白米には、脳のエネルギーになるブドウ糖の他、記憶力の向上や認知症の予防などに効果のある『レシチン』という成分がたっぷり入っているからです。

記憶力が悪くなったからといって悲観しないこと!

どんなに頑張っても、脳のファイルに記憶をしまい込むための空き容量は歳とともに減ってきます。しかし、膨大な記憶ファイルを結ぶネットワークを作ることがその人にとって一番大事なことなのです。

脳を働かせる方法を詳しく知りたい方はこちらをチェック

まとめ

Photo by アンファー株式会社
記憶力をアップさせる方法は皆様にポジティブなエイジングケア情報を提供する、専門ドクター監修エイジングケア総合情報サイト「からだエイジング」へ!「からだエイジング」では、生活習慣、エイジングサインなど、アンチエイジング(老化防止)に有効な情報をお届けします。













特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ