体の痛みを感じないときとは!?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
体の痛みは、ほんとうにつらいものです。しかし、体になんらかの痛みがあっても、それを感じないときがあります。たとえば、どんなときでしょうか……。

STEP1

結論からいいますと、なにかに夢中になっているときです。自分の神経が、そちらに集中していますので、痛みを忘れているのです。

STEP2

スポーツの練習や試合中に怪我をしても、痛みを感じないことはよくあることです。練習や試合終了後、急に痛くなって病院へいったら骨折していたという話は、よく見聞きしますね。

STEP3

痛みを感じなくなる原因として、アドレナリンの分泌が関係しているともいわれます。
アドレナリンには「痛覚」を麻痺させる作用があるからです。

まとめ

スポーツの試合終了後、あるいは、ひとつのことをやり遂げたとたんに、どっと痛みが押し寄せてくることもあります。

「がんばること」はいいことですが、無理は絶対禁物です。
スポーツの練習や試合中、怪我をした人がいる場合は、まわりの人が気をつけてあげましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

がんばりすぎないこと

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ