オーストラリアでレンタカーを借りる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:616
  • ありがとう数:0

はじめに

オーストラリアでレンタカーを借りるにあたって大事なポイントを紹介します。

STEP1まずはレンタカー会社を探しましょう。

どの場所で、レンタカーを借り出して、どこで返却したいのかが、料金以上にレンタカー会社決定に大きく影響します。レンタカー会社の営業所などもチェックして借り出しの場所と返却場所を決めてから、レンタカー会社を決定しましょう。

オーストラリアのメジャーなレンタカー会社は以下。
・エイビス
・ハーツ
・バジェット
・ユーロカーなど。

シドニーとパースなら、Bayswater Car Rentalが対応、料金ともにおススメ。地方や小さな安いレンタカー会社は、中古車が多い。その分、リスクも高いと心得ておくべし。

STEP2日程とレンタカー会社が決まったら早速予約。

インターネットでのオンライン予約がほとんど。稀に電話で予約。いつから何時までで、料金はいくらか?車種などをしっかり確認しよう。

STEP3レンタル開始日。

実際にレンタカー借り入れする場所(営業所)まで行きます。クレジットカードは保険として番号を聞かれますので必ず持っていくこと。(無いと借りれないです)
他には、日本の免許証と国際運転免許証。国際免許証が無い場合は、日本の免許証の公的な翻訳書もOK。領事館などでしてもらえます。
※NSW州のみ指定のCommunity Relations Commissionで翻訳が必要。

STEP4契約時のチェック1(保険)

大手レンタカー会社の場合、自賠責保険は基本料金に含まれています。その他、任意で加入する保険には、自動車車両損害補償などがあります。安全面を考えるとすべてに加入することが望ましいです。日本で海外旅行傷害保険に加入している方は、その保険内容も確認しましょう。

STEP5契約時のチェック2(車両)

レンタカーは、隅々までチェックしましょう。特に、外装(ボディの傷、凹み)、タイヤ(ゴムの側面に亀裂などないか)、ホイール(傷やゆがみ)、忘れがちなのは、ガラス面。正面、助手席側、後部座席側、後面のガラスに小さな傷やヒビなどがないかは入念に。ココで、チェックを怠ると、返却時に修理費を請求されることも。

STEP6いよいよ借り出し。

キーを受け取り、いざ出発~~!とその前にエンジンに異音がないか、ギアの調子など、軽く運転して変だな?と思ったら、速攻引き返してください。すぐであれば、車を変更してもらえます。

さぁ、いよいよ、楽しいドライブ~~。
オーストラリアの交通ルールを守って、安全運転を心がけてください。

STEP7返却。

返却前に確認しておきたいのは、ガソリン。ほとんどのレンタカー会社では、返却時にガソリンが満タンになっていることが基本条件です。返却前に安めのガソリンスタンドで満タンにしておくと良いですね。給油後に走っても目盛りがFULLの線を完全に下回っていなければ大体OKですが、仮に返却時のガソリンが不足していると、通常の4~5割り増しの不足ガソリン代を取られるので注意してください。

まとめ

オーストラリアでは、25歳以上の方が契約できるレンタカー会社がほとんど。稀に21歳~24歳までの方もレンタルできる会社がありますが、車種が限定されるのと、料金、保険代金も変わります。該当する方は、事前にレンタカー会社へ確認しましょう。

また何か交通違反をした場合、レンタカー会社へその違反内容(罰金含む)が通知され、滞在先まで請求がきます。例え、日本帰国後でも日本の住所へ罰金請求が届きますので、逃げるなどは間違ってもお考えにならないように。

http://www.aswho.com/

必要なもの

・日本の運転免許証 ・国際運転免許または公的翻訳 ・クレジットカード (VISAかMASTER、AMEXがおススメ。JCBは使えないことが多い)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ