Q)朝、子どもの布団が鼻血で真っ赤になっていてびっくり。だいじょうぶでしょうか。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8145
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもの鼻血はよくあること。適切な処置をきちんと覚えておきましょう。

STEP1【子どもはよく鼻血を出す】

幼児期から学童期にかけて、子どもはよく鼻血を出します。鼻の入り口の粘膜に集まっている毛細血管は破れやすく、アレルギーや鼻ほじり、のぼせなどですぐに出血するからです。

提供:子どもの医学☆お薬

STEP2【鼻血を止める方法】

鼻血が出ているときは、脱脂綿やガーゼをつめ、小鼻を人さし指で5分くらい押さえます。子どもが自分でできるようなら、親指と人さし指で鼻をつまませ、奥へ押すようにして口で呼吸させます。冷たいタオルで鼻を冷やしてもよいでしょう。

提供:子どもの医学☆お薬

STEP3【正しい処置を】

このとき、顔をややうつむかせ、寝ているときはからだを横向きにさせます。そうすることで鼻血が喉(のど)へ流れこまなくなります。
首の後ろをたたいたり、顔を上に向かせたりしてはいけません。出血が止まったら、しばらくは鼻をかんだり、指を入れたりさせないように。
いつまでもだらだら止まらない、しょっちゅう鼻血が出る、そのようなときは耳鼻咽喉科(じびいんこうか)を受診してください。

提供:子どもの医学☆お薬

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ