ホクロが増えてきたときの対処方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンファー株式会社
はじめに
ホクロは、3歳頃から思春期にかけてできることが多く、中には一生増え続ける人もいます。皮膚の色が薄い人では、ホクロは顔や腕など、日光に当たりやすい部分にできます。
女性では、ホルモン量に比例してホクロが増える傾向があるため、妊娠中にホクロができる、大きくなる、色が濃くなるなどの変化が現れることがあります。また、一度できたホクロは自然には消えないため、美容目的で顔のホクロを取りたくなる方が増加しています。

STEP1症状

年齢と共にホクロが増えてきた。顔など、皮膚が常に外気に晒されている部分のホクロが目立つ。ホクロが少し大きくなってきた。

STEP2原因

ホクロができる原因は「3つ」

(1)3歳から思春期までの成長期
(2)紫外線による影響
(3)ホルモンによる影響

ホクロの原因は、シミと同じようにメラノサイト(色素細胞)が産生するメラニン。
紫外線を浴び続けることで、年齢とともに増え、少しずつ大きくなることもあります。

STEP3放っておくと…

良性か悪性か見極め方を知ろう!

良性のホクロは放っておいても問題はありません。ただし、癌化したホクロであるメラノーマ(悪性黒色腫)は非常に悪性度が高いので、早期発見が重要。そのためにも、ホクロとメラノーマの基本的な違いを知っておく必要があります。

STEP4対策

ホクロがどうしても気になる場合は、レーザーや切除手術によりとることができますが、その前にまずは良性か悪性か見極めましょう!
良性か悪性か見極め方はこちらをチェック!

まとめ

Photo by アンファー株式会社
ホクロが増えてきたときの対処方法は皆様にポジティブなエイジングケア情報を提供する、専門ドクター監修エイジングケア総合情報サイト「からだエイジング」へ!「からだエイジング」では、生活習慣、エイジングサインなど、アンチエイジング(老化防止)に有効な情報をお届けします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ