視力回復の為の”遠近体操法”のやり方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぱんな
視力低下を防ぐ為に、眼の体操をしてみよう☆

STEP1<b>【遠近体操法とは】</b>

Photo by ぱんな
遠近体操法では、いくつかの方法が紹介される事がありますが、この方法は、眼にある、毛様体などの筋肉の体操につながります。
近くを見続けると、毛様体が凝ってしまいますので、適度にリフレッシュさせ、凝り固まる事のないようにしましょう。

STEP2<b>【交互に見る方法】</b>

Photo by ぱんな
まず、視点を合わせる対象となる物を探しましょう。交互に見る方法では、近くの物と、遠くの物を、交互に見比べて行います。自分の指と、カレンダーの文字や外の景色の中で目印になる物、などを探して、数秒ずつ見比べます。

STEP3<b>【見続ける方法】</b>

Photo by ぱんな
交互に見比べるという方法のほかに、視点を合わせて見続けるという方法もあります。まず、指にランドルト環などの印を付けたり、目印のついた物などを持つ、などして、目の前にその目印を持ってきます。そして、その印に視点を当てながら、目印の物を離したり近づけたりして動かします。
近視の場合には、離す時にはすっと素早く動かし、近づける時にはゆっくりと動かす、という方法が挙げられる事もあります。

まとめ

疲れない程度に行いましょう。 眼に負担にならないように取り組む事が大切です。 自分の視力低下の原因とも合わせて、自分に合った方法を検討してみて下さい。 illustration by panna

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ