勉強する教科の時間配分

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

勉強しよう!と思っても、一体何から勉強すればよいのか・・・なんて悩んでいませんか?
長い受験勉強生活です。
効率よく勉強するためにも“配分”が大切です。

【お悩みについて専門家に非公開質問も可能です】

http://okguide.okwave.jp/guides/76884


学習相談、進路進学指導の専門家、佐藤先生への非公開質問はこちらから


 ●既にOKWAVEにログインしている方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2829815.html?&slp=201802

 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

 (メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1英語、古文

英語や古文などの言語系は日々の継続が大切。
一日7、8時間と長時間勉強するのではなく、一日1時間でも良いので、毎日勉強しましょう。

STEP2社会

歴史などの暗記科目は、長い受験生活でも早めに手をつけましょう。
覚えても忘れるからと、受験間際にやっても間に合いません。
夏前には、一通り終えているのが理想です。
このように早めにやることで、今後の学校の授業が復習の時間となり、脳に定着しやすくなります。

STEP3数学・理科

数学と理科は時間をしっかり確保して取り組みましょう。
英語の単語覚えのように、余った時間などではやらずに、一問一問じっくりと腰を据えて解くことが大切です。
2~3時間、時間をとって勉強しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

時間配分

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ