便秘になりにくくする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4659
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンファー株式会社
若い頃は便秘症ではなかったのに、歳とともに便秘がちになってきたという人は、たくさんいます。これは、腸管の運動機能が低下したり、加齢に伴って腹筋が低下したりする事で発病します。

STEP1症状

お通じがあっても便秘?

症状は、毎日排便がないだけではなく、あっても少ししか出ない、便が硬くてコロコロしている、排便に時間がかかる、残便感・膨満感がある、ガスがたまりオナラが出やすい等、すっきりと排便できない状態はすべて便秘です。

STEP2原因

Photo by アンファー株式会社
身体のために働く細菌もある

私達の大腸には、約500種類、100兆個にも及ぶ腸内細菌が住み着いています。そして、これらの菌の種類や数は、歳と共に変わることが知られています。

特に、ビフィズス菌などの善玉菌は歳をとるごとにどんどん減り、反対にウェルシュ菌などの悪玉菌が増えていってしまいます。これらの悪玉菌は、タンパク質やアミノ酸などの食べ物のカスを腸で腐敗させてしまうため、腸内環境が悪化して、便秘が起こりやすくなります。

STEP3放っておくと…

便秘の人はインフルエンザにかかりやすい!?

腸内環境が影響を与えるのが便秘だけだと思ったら大間違い!腸内環境は、私達の健康に様々な影響を及ぼしています。私たちは、食事によって身体に必要な栄養素を摂取したり、無意識のうちに身体に有害な病原菌を飲みこんだりしています。

腸には、そうやって体内に入ってきた物質が、私たちに必要なものか、有害なものかを見極める「腸管免疫」というシステムがあります。腸内環境が乱れて、この腸管免疫の働きが悪くなると、本来身体にとって害ではないものを有害だと判断してしまったり、反対に体に有害な菌をやっつけないままになってしまったりといった問題が生じます。そして、前者の場合であれば食品アレルギー、後者であれば下痢を伴った消化器感染症、といった健康への影響が現れます。

便秘の原因は、腹筋力の低下や精神的ストレスなど様々ですが、もし腸内環境の乱れが原因で便秘が起こっているなら、放っておくと病気にかかりやすい体質になってしまうかも!?

STEP4対策

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」

腸内の善玉菌を増やすには、食習慣の改善が効果的。善玉菌自体を含む「プロバイオティクス」という食品と、善玉菌のえさとなる成分を含む「プレバイオティクス」という食品を摂るように心がけましょう。

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」って何?と思った方は、こちらをチェック!!

まとめ

Photo by アンファー株式会社
便秘になりにくくする方法について詳しく知りたい方は、皆様にポジティブなエイジングケア情報を提供する、専門ドクター監修エイジングケア総合情報サイト「からだエイジング」へ!「からだエイジング」では、生活習慣、エイジングサインなど、アンチエイジング(老化防止)に有効な情報をお届けします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ