目元の印象を変える、「タイプ別アイライン」の引き方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンファー株式会社
最近アイラインが書きにくい。アイラインを引くとにじんでしまう。メイク直しの時にアイラインのにじみがはげしい。そんな自覚症状がでてきたら、上まぶたがやせて垂れてきているのかも? 昔と比べて、目が小さくなったと感じたり、アイラインがうまく引けなくなったなと感じたら、それはお肌がたるんできたというエイジングサインです!

STEP1原因1

目の上のたんこぶ、ではなく目の上のたるみ

お肌にハリや弾力があるのは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが複雑に絡み合って、立体的な網目構造を作っているからです。

しかし、コラーゲンやエラスチンは、30歳をピークに減少し、特に女性の場合、40歳代後半から急激にその量は減ってしまいます。

STEP2原因2

その上、紫外線や加齢の影響で真皮層の立体的な網目構造が変化すると、お肌はハリや弾力、柔軟性をなくしてしまいます。さらに、目元に血流やリンパが停滞するとまぶたがむくみ、目元のたるみに拍車をかけてしまいます。

STEP3放っておくと

まぶたが開かない病気になることも・・。

目元のたるみが進むと、まぶたが重くなったり、視野が狭くなったように感じられます。そのため、まぶたを開けるために、無意識のうちに眉を持ち上げたり、ものを見るときに、あごを上げて下向きに見たりするくせがついてしまいます。

こういった行動が習慣化してしまうと、ふとした時の動作がおじいさん、おばあさんのように見えてしまうだけでなく、頭痛や肩こりなどの不快症状にも繋がっていくので要注意です。

STEP4対策

Photo by アンファー株式会社
目力復活!自宅でできるお手軽エステ&タイプ別アイラインの引き方

自宅でできる、目元の簡単セルフケアをご紹介!
さらに、女性必見!目元の印象を変えるアイラインの極意!ここぞ!という日は、アイラインを上手に活用して、目力を取り戻しましょう。

誰でも簡単にできる目元のお手軽エステと、完璧なアイラインのためのタイプ別アイラインの引き方は、こちらをチェック!!

まとめ

Photo by アンファー株式会社
目元のお手軽エステと、タイプ別アイラインの引き方について詳しく知りたい方は、皆様にポジティブなエイジングケア情報を提供する、専門ドクター監修エイジングケア総合情報サイト「からだエイジング」へ!「からだエイジング」では、生活習慣、エイジングサインなど、アンチエイジング(老化防止)に有効な情報をお届けします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ