「立ち上がるとき膝が痛い」ときの対処法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンファー株式会社
運動をすると、疲れるより先に膝(ひざ)が痛くなる。階段を上るときや、立ち上がるときに膝の痛みを感じる。そんな症状がある人は、関節の軟骨が磨り減ってきているサインかもしれません。

STEP1症状

その痛み、膝のSOSかも!!

フットサルのような走ることの多い運動をすると、疲れるより先に膝が痛くなる。階段の上り下りをする時や立ち上がるときに膝の痛みを感じることがある。歩き始めに膝に違和感がある、などの症状がある人は、関節の軟骨が磨り減ってきているサインかもしれません。

膝には、歩く時には体重の2~3倍、走る時には体重の5~10倍もの負荷がかかるといわれています。そのため、膝は全身の中でも関節痛が最も多い部位です。

膝の痛みは、長年重い荷物を背負わされた膝のSOSなのです。

STEP2原因

Photo by アンファー株式会社
カチカチ同士ではお互いに負傷

私達の体は、多くの骨が組み合わさってつくられています。その骨同士をつなぐ役割をしているのが関節です。

関節には、衝撃を吸収するためのクッションとして働く「軟骨」があります。軟骨は水分やコラーゲン、プロテオグリカンなどで構成されていますが、歳をとるとこれらの成分が減少したり、軟骨自体軟らかくなって磨り減っていきます。

すると、骨と骨がぶつかりあい、周囲の神経に刺激が伝わるため、痛みが発生するのです。

STEP3放っておくと…

痛みの加速は老化のもと

ひざが腫れる、水が溜まるなどの症状が現れる他、「変形性膝関節炎」を引き起こす可能性があります。

変形性膝関節炎は女性に多くみられる疾患で、進行すると脚が変形してO脚になっていきます。

また、初めは長時間歩いたり運動したりした後に痛みを感じる程度ですが、進行すると日常生活にも支障が出るほどの痛みが発生するケースもあります。

STEP4対策

軟骨の元になる食品は?

軟骨の成分であるコラーゲンやグルコサミン、コンドロイチン、プロテオグリカンを含む食品を積極的に摂取しましょう。また、これらを含むサプリメントも市販されています。

また、ひざに痛みを感じると運動を控える人が多いようですが、足の筋肉が衰えるとさらに間接に負担がかかってしまうので、運動不足は逆効果。とはいえ、ひざに負担のかかる運動もオススメはできません。

具体的には、下記にて説明していますので、是非ご参考にしてください!

まとめ

Photo by アンファー株式会社
コラーゲンやグルコサミン、コンドロイチン、プロテオグリカンを含む食品とは?また、こういう時こそ実施すべき運動って何? 知りたい方は、皆様にポジティブなエイジングケア情報を提供する、専門ドクター監修エイジングケア総合情報サイト「からだエイジング」へ! 「からだエイジング」では、生活習慣、エイジングサインなど、だれもが気になっているアンチエイジング(老化防止)に有効な情報をお届けします。 [PR]【からだエイジング】立ち上がると膝の痛みを感じるときの対処法はこちら!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ