歩くのが遅い人が速く歩く方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

歩くスピードは人によって違います。 でも周りに合わせて歩かなくてはならないときもあります。 そんなとき、歩くのが遅い人は結構ついていくので精一杯ですよね。

STEP1足の筋肉をつける

歩くのが遅い人は足の筋肉がない可能性が高いです。
だから、歩くのも疲れてしまうのです。

足の筋肉のつけ方
階段2~3段もしくは、段差のあるところでも良いので、昇って降りてを繰り返しましょう。

STEP2歩き方

・足の蹴る力が足りないのかも。
地面を力強く蹴っ飛ばして、タッタカ歩きましょう。
・大股で歩く。
一歩一歩を大きくすることで、ぐんぐん前に進みます。
・足元ではなく遠くを見る
視線は足元ではなく、遠くを見て、背筋を伸ばして歩きましょう。
背筋を伸ばすことで、一歩が出やすくなります。また、歩幅も大きくとることできます。

STEP3背水の陣

通勤通学や友達との待ち合わせで、いつもより家を出るのを遅くしましょう。
いつも乗っている電車に間に合わないかもしれない!となれば、自然と歩くスピードは速くなります。
しかし、遅く出すぎて電車に乗れなかった、なんてことにならないように気をつけてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

速く歩こうという心掛け 筋肉をつけるための段差や階段

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ