「スマホ症候群」から脱出する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:30631
  • ありがとう数:0

はじめに

最近なんだか疲れが取れない……それは、「スマホ症候群」かもしれないそうですよ。

STEP1□ 「スマホ症候群」とは

皆が持っているスマートフォンことスマホ。

長時間スマートフォンを使っていると、首が前のめりになってカーブが失われ「ストレートネック」となってしまいます。パソコンしかり、スマートフォンしかり。首の前掲姿勢で首の筋力が弱くなってこの「ストレートネック」になってしまうことを「スマホ症候群」といいます。

会社でパソコンを使い、行き帰りの電車ではスマホを使用。こんな人がスマホ症候群になりやすいといいます。

STEP2□ 症状

・肩こり
・首痛
・頭痛
・めまい
・腕のしびれ
・五十肩ならぬ三十肩

こういった症状が引き起こされます。

STEP3□ スマホ症候群チェック

・スマホやパソコンをよく使い、肩こりや首こりがある
・パソコンを1日あたり5時間以上使っている
・猫背
・天井を見ようとしたときに首に痛みや違和感がある
・ドライアイ

STEP4□ 防ぐためには

通常、スマホを見るために首を下げているなら、直します。目とスマホの位置を近づけるため、ヒジをまげてスマホをできるだけ上の位置にして見ます。

首を前傾にせず、できるだけまっすぐに。これだけで違うのだとか。

スマホにしてから疲れがたまるという人はもしかしたら、スマホが原因かもしれませんよ。

まとめ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ