歯周病を防ぐ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8335
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンファー株式会社
歯磨きの時に歯ぐきから血が出る。歯ぐきが赤くなったり、腫れぼったくなっている部分がある。リンゴなど硬いものを食べると出血する。そんな症状ありませんか?

STEP1症状

歯磨きをすると歯ぐきから血が出る、歯ぐきが赤紫色になってきた、歯ぐきがぶよぶよしている・・・そんないった症状がある人は、お口のエイジングサイン!

これらの症状は、口の中で増えた細菌のしわざ。強く歯磨きしすぎたかな?なんて、のん気に考えていては、大変なことになっちゃうかも!

STEP2原因

Photo by アンファー株式会社
犯人は歯垢

歯磨きでとりきれなかった食べ物のかすは、口の中に残って歯垢(しこう)となり、歯の表面にたまっていきます。

そして、歯垢が固まって歯磨きでは取り除けない頑固な歯石となり、ここにまた歯垢がつくという悪循環が始まります。

こうなると、細菌がうじゃうじゃと増殖し、歯と歯ぐきの間の隙間(歯周ポケット)に入り込んで悪さをします。

その結果、歯ぐきから血が出たり、歯ぐきが赤紫になったりぶよぶよになったりしてしまうのです。

STEP3放っておくと…

口が臭いのは歯が抜ける前兆!?

出血や歯ぐきの異常を、痛みがないから、むし歯ではないからと放っておくと、症状はどんどん進行していきます。

症状が進むと、口臭がきつくなったり、歯周病(歯槽膿漏)になってしまうことも。さらに、歯周病を放っておくと、歯ぐきが弱って歯を支えられなくなるため、歯が抜けてしまうので要注意!

STEP4対策

効果的な歯磨きの仕方、知っていますか?

出血するからといってそこを避けて磨いたり、なでる程度ですませたりしていると、歯周病を進める原因になってしまいます。炎症の初期段階であれば、きちんと磨くだけ改善されることもありますから、正しい歯磨きの仕方を身につけ、実践しましょう。

寝ている間は唾液の分泌量が減少するので特に寝る前は念入りに歯を磨き、寝ている間に口の中で細菌が増殖するのを防ぎましょう。

歯石になってしまった場合は歯磨きではとれませんが、歯医者さんで簡単に除去してくれるので、気になる人は定期的にチェックしてもらうといいでしょう。

まとめ

Photo by アンファー株式会社
歯周病を防ぐための、効果的な歯磨きの仕方について知りたい方は、皆様にポジティブなエイジングケア情報を提供する、専門ドクター監修エイジングケア総合情報サイト「からだエイジング」へ!
「からだエイジング」では、生活習慣、エイジングサインなど、アンチエイジング(老化防止)に有効な情報をお届けします。


[PR]【からだエイジング】歯周病を防ぐ、効果的な歯磨きの仕方はこちら!



特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ