ぐっすり寝たい人に 超「朝活」法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4595
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kumiko3
京都大学名誉教授の久保田競さんの本。ぐっすり寝たい人に役立つかもしれません。

STEP1□ あなたの脳が9割変わる!超「朝活」法

タイトルに惹かれて手に取りました。

京都大学名誉教授の久保田競さんの本です。この久保田競さん、脳科学界の権威で、妻のカヨ子おばあちゃんも有名。久保田カヨ子おばあちゃんはテレビで、「脳科学おばあちゃん」として紹介されていました。

Amazon.co.jpのページ:
あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かすhttp://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=kumiko3-22&l=as2&o=9&a=4478013780" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

STEP2□ 長生きのためには7時間睡眠?

大変興味深い内容が書かれていたのですが、

・人間にとって最適な睡眠時間は6時間半以上7時間未満
・1日9時間以上の睡眠では心臓血管系の病気と脳卒中のリスクは1.5倍になる
・60歳以下で睡眠時間が5時間以下だと病気リスクが7時間睡眠の3倍以上になる

とあり、睡眠は長すぎても短すぎてもダメで7時間睡眠が一番とのことでした。

補足ですが

・平日短時間睡眠の人は「昼寝をしたり」「休日寝だめをして」帳尻合わせをしても、危険回避リスクがあるとのことでした。

短い睡眠時間で仕事をしていても、寿命を削っていたらもったいないような気もします。平日、睡眠時間が短い人は休日は寝ましょう!

STEP3□ 睡眠以外にも

睡眠以外にも、入眠の時に必要なことや運動が脳にもたらす効果が書かれていました。

そして、朝起きたらまず「起き上がる」ことが大切(脳を起こす)といったこと、レバーや動物の肉に含まれる「コリン」を摂取することなどもアドバイスとして書かれていました。

脳科学の権威が言っていることで、しかもわかりやすく書かれているのでとてもためになります。

STEP4□ カヨ子おばあちゃんのファンの人にも!

Photo by kumiko3
章の最後には「カヨコラム」も!
※写真は本の裏表紙です。

競先生の妻、カヨ子おばあちゃんの厳しいけれど愛のある語録「寝る時間くらい、自分で決めい」、食事は「なんで3食でないとあかんの?」なんて言葉も入っています。

カヨ子おばあちゃんのファンの人にもおすすめです。

まとめ

photo by kumiko3

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ