ついつい否定的な態度を取ってしまう時の対処法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

そこまで言うつもりじゃなかったけど...思い返せば自分にも非があった...なんてこと、ありませんか?

STEP1自分に非があろうとなかろうと

否定的な物事を否定的に責めてしまうと高い確率でヒートアップしてしまい、後々後悔してしまいます。


■痴話喧嘩などから否定的な態度に突入した場合。

話したい事は山の様にあるかもしれませんが、ある程度話したらその日は相手と距離を置いて話すのをやめてしまいましょう。怒ってる場合や納得がいかない場合でも、それで怒ってたり納得がいかないというのは相手に伝わります。
変に思ってもいない悪い事を言ってしまうくらいならその方がいいと思います。家で一人ぼーっと考えたり、友達に話したり、我慢するくらいなら泣くのもいいと思います。そして、ほとぼりが冷めたら冷静に自分の考えや相手の話を頭でまとめられると思います。それから話し、自分に非があったらしっかり謝りましょう。

STEP2■友人などについつい否定的な発言をしてしまう場合。

「私思ってなくてもつい勢いで毒舌はいちゃうんだよね」等と、何気なく友人に自分がそういうコンプレックスがあるということを素直に話してしまいましょう。毒舌キャラであればなんでも許されるというわけではありませんが、それがコンプレックスでもあると伝えておけば、ある程度周りに分かってもらえる人も増え、心が開ければ自分の方もちょっと丸くなれたりします。

STEP3そして、全ての人に言えることは...

人の話を聞くということも忘れないこと!それを怠ると「ただのわがままな人」になってしまいます。人の話を聞いてあげた上で、その発言を踏まえ、自分の発言はあくまで自分の考えだと分かったうえで否定的な発言をすれば、それはあなたのキャラクターとしての毒舌や、しっかりした意見としての否定的な発言になります。

ついつい我が身を擁護してしまいがちですが、素直に自分の非を受け入れてあげることで、それは逆に魅力にもなるかもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ