長距離バスで快適にすごすためのコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

長距離バスでの移動は安くて便利です。 たいていが夜の移動になるので時間も無駄にならないという利点も。 でも、長距離バスは疲れるし・・寝れない。 と言う人のためにコツをお教えします。

STEP1予約の際に席の指定ができる場合には、

なるべくエンジンの上を避けましょう。

酔いやすい人以外は後の席のほうが、乗客の移動がなくて眠りやすいです。

STEP2乗車するときに多めに毛布をもらっておきましょう。

必要になってからだとほかの人が受け取っていてもうない・・・ということもあります。

STEP3

腰と足(太ももの下)などに毛布を入れるとクッションになって疲れにくくなります。

STEP4寒い時期には窓際はとても寒いです。

カーテンをしっかり閉めた上に毛布で窓側を防寒してください。

寒さを感じるようだと絶対に眠ることはできません。

STEP5足の下に台をおくと楽です。

バスの座席は足を下につくには高くなっているので、長い時間座っていると
足首やももの部分が痛くなってきます。

ゆったりと足を少し曲げるくらいで座るつもりになりましょう。

まとめ

季節によって窓際は暑かったり、寒かったりします。 調節できる毛布を多めにもらいましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

毛布 防寒具

特集

ピックアップ

ページ先頭へ