全身美肌を手に入れる! ミス日本式入浴法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

古い角質や老廃物をデトックスし、新陳代謝を高め、全身の肌を美しく整える「ミス日本式入浴法」の紹介です。 ちょっぴり手間と時間がかかりますが、気分がとてもさっぱりします。それに肌の手触りも、入浴前よりなめらかになりますよ。 毎日やる必要はありません。むしろ角質を落とし過ぎないために、1週間に1回で大丈夫です。 また、何度も浴槽を出たり入ったりするのは、新陳代謝を高めるためです。ステップが多く、なれないうちは煩雑に見えるかもしれませんが、全体で大体45分前後で終わります。

STEP1<b>【お風呂をわかす】</b>

なにはともあれ、まずはお風呂を沸かします。湯温40度が目安です。
浴室も暖かくしておくといいでしょう。

STEP2<b>【予洗い→入浴】</b>

タオルで、首からつま先までを洗います。まだ石鹸は使いません。
それから、20秒間、肩までお湯につかります。

STEP3<b>【石鹸洗い→入浴】</b>

タオルに石鹸を泡立てて、心臓に遠い部分から順に全身を洗います。
それから、20秒間、肩までお湯につかります。

STEP4<b>【腕を洗う→入浴】</b>

タオルに石鹸を泡立てて、指先~肩までを洗います。
それから、20秒間、肩までお湯につかります。

STEP5<b>【首と、胴体のおなか側を洗う→入浴】</b>

タオルに石鹸を泡立てて、首、および胴体のおなか側を洗います。
それから、20秒間、肩までお湯につかります。

STEP6<b>【背中を洗う→入浴】</b>

タオルに石鹸を泡立てて、背中を洗います。
それから、20秒間、肩までお湯につかります。

STEP7<b>【シャンプーと洗顔→入浴】</b>

シャンプーをし、それから洗顔をします。
それから、20秒間、肩までお湯につかります。

STEP8<b>【あかすり→入浴】</b>

石鹸をつけていないガーゼで、心臓に遠い所からやさしくこすります。
顔は皮膚が薄いので、ガーゼではなく素手でマッサージしてあげましょう。
それから、20秒間、肩までお湯につかります。

STEP9<b>【仕上げに水かぬるま湯を浴びる】</b>

最後に、洗面器に水かぬるま湯をとり、15杯分を目安に浴びます。
足先、手先から徐々に慣らすように浴びていくと、体に負担がかかりません。

※心臓の弱い方は、ショックを起こさないよう十分に注意してください。

まとめ

覚えきれない! という場合は、和田式体操教室で、手順をまとめた防水のカードを取り扱っています。また、和田式体操教室では、入浴法のみならず、食事や体操なども含めた総合的な美容法「和田式フィギュアリング?」の指導を受けることができます。 ▼和田式体操教室 http://www.wadaken.net/labo/studio/tyo01.html 参考文献: 「やせて美しくなる入浴」和田静郎著、日東書院 *「和田式フィギュアリング?」は和田商事株式会社の商標です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

体を洗うタオル、ガーゼ (ガーゼとタオルが1枚になった、"おぼろガーゼタオル"がお勧め) せっけん 洗面器 バスタブ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ