ミス日本式 バストの位置を高くする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:9661
  • ありがとう数:0

はじめに

胸は大きくなくても、垂れるんです!

バストアップのために有名なのが、両手を合わせてぎゅーっと押し合う体操ですね。この方法も、ミス日本式美容法「和田式フィギュアリング?」では、呼吸法と組み合わせて行います。
28歳の女性が、一ヶ月で5cmのバストアップに成功した事例もあるというこの体操(※)、ポイントをおさえてご紹介します。

体操の結果を出すために、こちらの記事もあわせてご覧ください。

▼週に1回10分で、カラダが変わる! ミス日本式体操法
http://okguide.okwave.jp/guides/59312

▼ミス日本式食事法
http://okguide.okwave.jp/guides/56605

STEP1

STEP2<b>【あなたのバストは大丈夫?】</b>

体操の前に、あなたのバストがたれていないかどうか、
簡単なチェック方法があります。

まず、メジャーと鏡を用意します。

鏡の前に立ち、
(1)左右のバストトップの間隔を測ります。
(2)バストトップ~肩の一番上までの間隔を測ります。
この(1)と(2)が同じ長さであれば、バストは垂れていません。
しかし(1)より(2)のほうが長ければ、垂れていることになります。

垂れているみたい……という方も、落ち込まないでください。
体型は、必ず改善していくことができます。
次のステップから、具体的な体操方法をご紹介します。

STEP3<b>【最初の姿勢】</b>

楽な姿勢で立ち、両手を胸の前で合わせます。
それから両ひじを、床に対して水平にします。

STEP4<b>【息を吸い込む】</b>

姿勢がとれたら、息を胸いっぱいに吸い込みます。
ここから
1,2,3,4,5,6,7,8
と、数をカウントしながら体操していきます。
以下、カウントごとに説明しますね。

STEP5<b>【息を吐き、脚の付け根から下を持ち上げる】</b>

まず1,2,3,4で、息を口からすーっと強く吐きつつ、
両手をぎゅっと押し合います。

二の腕など、胸ではないところに力が入っているな、と感じたら、
すこし両手を前に出したり、逆に引っ込めたりしてみてください。
胸の筋肉が緊張し、力が入っているのを感じながら、
4つ数えるまでに息を全部吐ききるようにします。

STEP6<b>【息を吸い、脚をもとの姿勢に戻す】</b>

5,6,7,8で、息を吸いながら、
胸を広げるイメージで、手のひらをゆっくり離します。
山を描くように指先だけつけて、手首のほうだけ離していきます。
胸の筋肉がゆるむのを感じてください。

以上を8回繰り返して、1セットとします。
この体操は、一週間に1日、2セットまで行うようにしましょう。

まとめ

きちんとした指導を受けたい場合は、新宿の京王プラザホテルで体操教室が開催されています。ミス日本候補生たちも通うこの教室は、体操だけでなく、美容によい生活を総合的に指導してくれます。

▼和田式体操教室
http://www.wadaken.net/labo/studio/tyo01.html

▼[amazon]書籍「50年間変わらず受け継がれてきたミス日本式ダイエット」
http://goo.gl/T5SIj

参考文献:
「美しいプロポーション」和田静郎著、日東書院
「整身術」和田静郎著、文春実用百科

*「和田式フィギュアリング?」は和田商事株式会社の商標です。

※参照:「整身術」和田静郎著、文春実用文庫 191ページ

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ