ミス日本式 下腹ぽっこりを改善する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

下腹部にピンポイントで効く、ミス日本式の運動法"レッグレイズ"。 たった週に1度、8回1セットで、下腹ぽっこりを改善していくことができます。 体操の結果を出すために、こちらの記事もあわせてご覧ください。 ▼週に1回10分で、カラダが変わる! ミス日本式体操法 http://okguide.okwave.jp/guides/59312

STEP1

STEP2<b>【最初の姿勢】</b>

あおむけに寝転がり、ひざを立ててください。
背中は床にぴったりつくようにします。
腕は、手のひらを上に向けて、楽にのばしておきます。

※あなたがもし、ぷりっとしたお尻の持ち主なら、
ウエストが床から浮き上がっているかもしれませんね。
その場合は寝転がったまま、一度膝をお腹の上に抱えてください。
そのあとで膝を立てるようにすると、
背中をぴったり床につけることができます。

※ウエストが床から浮き上がったままこの体操をすると、
腸を支える筋肉などに過剰な力が加わり、
おなかがいたくなってしまう可能性があります。注意しましょう。

STEP3<b>【息を吸い込む】</b>

姿勢がとれたら、息を胸いっぱいに吸い込みます。
ここから
1,2,3,4,5,6,7,8
と、数をカウントしながら体操していきます。
以下、カウントごとに説明しますね。

STEP4<b>【息を吐き、膝から下を持ち上げる】</b>

まず1,2,3,4で、息を口からゆっくり吐きつつ、
膝から下だけを持ち上げていきます。

○_Λ こうなっていたのを

○_/ こうするイメージですね。

膝から上は動かさないように注意しましょう。
また、4つ数えるまでに息を全部吐ききってください。

STEP5<b>【息を吸い、最初の姿勢にもどる】</b>

5,6,7,8で、息を口からゆっくり吸い込み、
膝から下をゆっくり曲げて最初の姿勢にもどります。

以上1~5を8回繰り返して、1セットとします。
この体操は、一週間に1日、1セットまで行うようにしましょう。

まとめ

きちんとした指導を受けたい場合は、新宿の京王プラザホテルで体操教室が開催されています。ミス日本候補生たちも通うこの教室は、体操だけでなく、美容によい生活を総合的に指導してくれます。 ▼和田式体操教室 http://www.wadaken.net/labo/studio/tyo01.html ▼[amazon]書籍「50年間変わらず受け継がれてきたミス日本式ダイエット」 http://goo.gl/T5SIj 参考文献: 「美しいプロポーション」和田静郎著、日東書院 「整身術」和田静郎著、文春実用百科 *「和田式フィギュアリング?」は和田商事株式会社の商標です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ