どん底から脱出する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:12643
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tuma_tuma
何をやってもうまくいかない・・・どん底にはまるときってありますよね。

STEP1<b>【どん底の見極め】</b>

Photo by tuma_tuma
誰しもちょっと調子が悪い、良くないことが続く、ということはあります。どん底だと決めて悲観する前に、そこが本当にどん底なのか見極めましょう。
うまくいかないのは、単にいつもより手を抜いているからではありませんか?
調子が悪いのは、不摂生が続いていたからではないですか?
良くないことが続くのは、日ごろの不義理がたたっているのではないですか?
その場合は、自分の行動を改めるだけで、良くない状況は改善されるでしょう。
問題は、心当たりのないどん底です。

STEP2<b>【どん底ではぐっと耐える】</b>

Photo by tuma_tuma
どん底にいるときに大切なのは、たとえうまくいかなくても、いつもやっていることをいつも通り続けるということです。どん底でうまくいかないからと言って、続けることを辞めてしまっては、事態は一層悪化します。ただし、新しいことを始めるのは得策ではありません。どん底の時は、うまくいくものまで流れで失敗してしまうかもしれません。
そしてどん底の状態をぐっとこらえて過ごすこと、それが一番重要です。どん底だからといって、自暴自棄にならない。どん底でも付き合いや人間関係は大切にする。そうやってどん底の状態を耐えましょう。必ずいつか脱する時がきます。

STEP3<b>【時期が来た!っと感じたら】</b>

Photo by tuma_tuma
どん底でもいつも通りのことをしていたら、ある日すぽっとうまくいく日がやってきます。何をやってもイマイチだったのに、ある日突然軌道にのる。宝くじに当たる、懸賞に当たる、人からすごく褒められる、営業成績が上がった、大きな受注を取った・・・そうなったときがチャンスです!
今までぐっとこらえて気力・体力を蓄えていた分、思い切って流れに乗りましょう。
今まで我慢していた新しいことにチャレンジしてもいいですし、新しい仕事に挑戦してもいいでしょう。どん底にいたからといって卑屈にならず、ここぞという時に流れにのる勇気を持つことが大切です。

まとめ

一番大切なのは、ぐっとこらえることです。どん底だからといって、自棄を起こしては、どん底の底に落ちてしまいますよ。

illustration by tuma_tuma

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ