接客業のマナーを斬る! こういう言動はNG!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

接客業の言動に対しての世間のきびしい目は、昔では考えられないものがあります。しかし、いまだに信じられないような言動をみかけることもあります。ここでは、よりリアルな体験談をお話ししますので、接客業の人にぜひ気付いてほしいと思います。

STEP1「~あかんでぇ」と、まるで子ども扱いをすること。

高齢者に対する接客シーンでみかけることがあります。私も頼りなさそうにみえるので、そういう扱いをされることがよくあります。

STEP2

「~知っとってかいなぁ(知っておられますか)」と、上から目線で接すること。
以前、荷物の手違いがあり「受取拒絶」と赤書きする方法を教わったことがあります。そのとき、受付担当者から「拒絶という字、知っとってかいなぁ」と言われ、顔が真っ赤になり、頭の中が真っ白になったことがあります。

まとめ

ここでお話ししたことは私が体験したことの「氷山の一角」ですが、接客業としての基本をしっかり学び直してほしいですね。 人を外見だけで判断しないこと、これも絶対守ってほしいことですね。 若い人は接客態度がしっかりしているように思います。 ところが、一昔前は接客マナーはそれほど厳しくいわれませんでした。そのため、熟年接客業の態度に不愉快な思いをすることもあります。 現在は、田んぼのなかにも競合店が林立しています。自店が生き残るためにも、ぜひとも接客態度には注意してほしいと、おせっかいかもしれませんが取り上げさせていただきました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

目の前の「ひとり」を大切にすること

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ