Q.「太陽の光」を浴びないと、体がストレスを受けるって本当?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3626
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンファー株式会社
確かに、太陽の光を浴びると、元気になれる気がするけど・・・

A.本当です。

人は、太陽の光でいろいろな体のリズムを整えています。リズムが乱れるとストレスが発生、自律神経に影響が出て、体の変調につながります。

太陽光で体内リズムをリセット

多くの成分は太陽の光とともに体内のリズムを整えるように作られています。
それは人間も同じです。
朝日を浴びることで、人の体の中で各種のホルモンが働き出し、免疫力も上がります。そして1日のリズムを正しく刻むように、自律神経の働きで体内時計がリセットされるのです。

例えば、セロトニンという眠りを誘うホルモンは、朝日を浴びることで生成され、夜に働くようにセットされます。歯や骨の生育に必要なビタミンDは、太陽の光を浴びることで皮膚の下に作られます。
またこのビタミンは満腹中枢にも作用し、肥満の防止にも役立っています。

ストレスを抑える働きも!

ちなみに太陽の光が少ない北欧では、セロトニンというホルモンが十分に体内で生成できないため、「うつ病」になりやすく、またビタミンDの体内生成の不足から、肥満になる人が多いともいわれています。

人間も本来は動物です。太陽の光を浴びて、体のリズムや機能を整えることが、ストレスを抑えることにもつながるのです。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ