数学の勉強ができて ダイエットにも役立つ「お菓子の小分け法」とは!?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

スーパーでお菓子を買うとき、「栄養成分表」のカロリー表示をみて買うのをためらうことも……。そんなとき、役立つ「お菓子の小分け法」があります。数学の勉強もできて、ダイエットにも役立つその方法とは……!?

STEP1

結論からいいますと、袋入りのお菓子をビニール袋に小分けする方法です。
そのとき、1袋あたりのカロリーを100kcalくらいにすると、食べたカロリーもわかってダイエットの目安になります。

STEP2

今回、私が買ったのは、昔からあるビスケット系のものです。お菓子の「栄養成分表」のカロリー表示は「100gあたり467kcal」、ちなみに「内容量は165g」です。

そこで、1袋あたりを100kcalくらいにすると、食べたカロリーもわかってダイエットの目安になります。」

まず、1袋分のカロリーを数学の「比例式」で計算します。
計算式は 100:467=165:答え になり、
「内項の積=外項の積」で計算すると 467×165÷100=770 になります。合っていますよね(冷汗)

えっ! 一袋全部食べると770kcalもあるの!?

写真サイズが大きすぎて掲載できないようです。また、設定変更できたら後日掲載しますのでお待ちくださいね。

STEP3

その答えをもとにして、1袋あたり100kcalになるように7等分します。だいたいでいいですよ。
これを「空き缶」や「のりの瓶」などに入れて保管しておきます。食べるときはビニール袋に小分けした1袋ずつ取り出します。

まとめ

以前「レコーディングダイエット」を1年半ほどしましたが、そのとき計算しやすいようにと考え出した方法です。 お菓子を小分けして、1袋あたりのカロリーを知っておくと便利ですね。もちろん、数学の勉強にもなりますし……。数学が苦手なお子さんにも効果があるかも……!? 理数系が大の苦手な私のような「おばさん」でもできますので、絶対だいじょうぶ!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

楽しみながらダイエット?

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ