iPhone・iPodからiTunesに音楽、アプリをバックアップする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4583
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by Pinapple-juice
音楽を聴くのに小さくて便利なiPod、機能的なiPhone。Appleのデバイスで音楽を聴く人が増えています。
でもこんな場合はどうしますか。
・iPodが調子悪く、修理に出さなくてはいけない。
・PCやハードディスクが突然クラッシュ。
・いざというときのための音楽やアプリ、動画のバックアップ。

こんなときiPodやiPhoneから音楽を取り出せるのがCopyTrans。

ダウンロードページ:
http://www.copytrans.jp/copytrans.php

その便利な使い方をご紹介します。

STEP1

Photo by Pinapple-juice
CopyTransを使うとiPodやiPhoneから音楽、ビデオ、アプリ、ポッドキャスト、着信音、プレイリスト、アートワークなどをどのPCへもバックアップできます。

CopyTransにはスマートバックアップとマニュアルバックアップの2つの機能があります。

STEP2スマートバックアップでiTunesに簡単バックアップ。

Photo by Pinapple-juice
CopyTransのスマートバックアップは自動的にiTunesにない全てのビデオ、アプリ、ボイスメモ、着信音、トラック、レートや再生回数などのタグ情報、アートワーク、そしてプレイリストをiTunesに転送します。
1.CopyTransをスタート
2.iPodを接続
3.<バックアップ開始>をクリック

これで全ての情報がiTunesの中に転送されます。

この機能を使うとiTunesにすでにある曲はバックアップされないので、二重にコピーされることはありません。

STEP3マニュアルバックアップでお好きな場所にデータを保存。

Photo by Pinapple-juice
CopyTransのマニュアルバックアップは選択したトラック、トラック情報、アートワーク、プレイリストなどをiTunesもしくはお好きなフォルダにバックアップできます。

保存先を外付けHDDにすればバックアップを外付けHDDに保存出来ます。

Cドライブがいっぱいになっている場合にもこれで音楽データを簡単に移動できます。

まとめ

CopyTransは全てのiPhone、iPod Touch、iPad、そしてiPodのタイプに対応しています。もちろんiOS 5にも対応しています。

必要なもの

Appleのデバイス

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ