ブランドを認知してもらう方法。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

ブランドを創り、認知してもらうには、期間と、お金がかかりますね。リアル、ネット問わず広告代理店にブランドを創りたい、認知してもらうために、なにをすれば良いかをきいても、広告プランしかでてきません。結論は会社の活動自体をブランドに重ね、地道に創り、利用していただく方々に訴求していくほかないのです。 といっても近道はあるのです。

STEP1

オラクルは業界No.1のマイクロソフトと比べて、データベースだけの分野だけは勝っていることをアピールした。
やがてその分野は大きな市場になり、ブランド認知がすすんだ。

STEP2

楽天はポータルサイトでNo.1であったYahooにくらべショッピング分野ではNo.1であることを告知し続けた。
やがて、ポータルサイトも買収し、金融業界にも進出。楽天ブランドはYahooに並ぶブランドになった。

STEP3OKWaveは検索No.1のGoogleにくらべ、

ソーシャルサーチの分野でNo.1であることを訴求した。
やがて、Web2.0、クラウドソーシングなどの言葉があとおしし、OKWaveは米国マイクロソフトから出資をうけるまでに、認知されるようになった。

STEP4

自身のブランドが属する業界分野で、No.1の会社を探して、その会社がやっていない、あるいは、手薄な特性、機能に焦点を当てて
自社でプレスリリースをだしたり、説明資料に業界No.1の会社にくらべる自社ブランドの説明をおこなう。

まとめ

自社ブランドをそんなNo.1ブランドにくらべるなんて!って? 実際、そうはいっても、最初は相手にされません。 大丈夫。自信持ってください。やり続ける覚悟があれば、現実化していきます。 やり続けことで、まわりがひょっとしてこれは!と思ってくれ、そうすると、現実化のスピードは加速していきます。 勿論、商品、サービスをよいもの仕上げ、会社の体制を整えていくことは必須です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

自社ブランド 業界分野でNo.1のブランド名

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ