「結婚」~誰のためにするのか知る方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
一昔前、ある程度の年齢になると結婚をするのは当たりまえでした。しかし、時代の流れとともに「結婚」への意識には大きな変化が……。ここでは「結婚」について、改めて考えてみました。

STEP1ある程度の年齢

女性の場合、二十歳を過ぎたころからでしょうか。世話好きの「おばちゃん」が縁談をもってこられます。

STEP2「会うだけでもいいから!」

といわれ、親の顔を立てるために「お見合い」をすることになります。というよりも、本人抜きで勝手に話が進みます。 

STEP3お見合い後

そのお話をお断りすると、次から次へと持ってこられ対応に困ってしまいます。もし、相手と会わないままお断りすると「あの家は理想が高い」と陰口をたたかれます。

STEP4いい相手と知り合えたら

「お見合い大成功!」ですが、そうでない場合は大変! しかも、親は、なかなか縁談がまとまらない子どもに「八つ当たり」をするようになります。

しかし、冷静に考えてみてください。
「結婚」は、いったい誰のためにするの……?

まとめ

いまの時代、「結婚」にこだわる必要はありません。自分がいることで弟や妹に迷惑がかかるだなんて、そんなこと遠慮することはありません。世間体なんて気にしないで、堂々と自分の人生を楽しんでください。 

親御さんも、子どもさん自身が結婚相手を望んでいないのなら、その気持ちを尊重してあげてください。お世話してくださる人との義理もありますが、子どもさんにとってはかけがえのない人生なのですから……。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

自分らしい生き方

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ