風邪の予防とひき始めに効く簡単レシピのコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5826
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by trg-az
これからの季節、「いかにして風邪をひかないようにするか」は大きなテーマだと思います。
ひきたくない、万が一ひいいてしまっても軽く済ませたい。
そんな方にオススメの簡単な風邪予防レシピを紹介します。

STEP1<日ごろからビタミンを取る>

Photo by trg-az
まずは、予防です。普段から、ビタミンを取るように心がけましょう。
これからの季節に簡単にビタミンが取れるのは、やっぱりミカン。これなら、手で皮を剥けるので、手間がかかりません。
朝でも昼でも夜でも、ちょっと食べたいなという時にミカンをどうぞ。

また、グレープフルーツは皮を剥くのには包丁が必要になりますが、その香りにダイエット効果があるというから、一石二鳥!
部屋にグレープフルーツがあるだけでも、かすかに香って効果を発揮するので、見える場所に置いてください。

一般的に柑橘系の香りは元気を与えてくれますので、部屋にミカンやグレープフルーツがあることは、アロマテラピー的な風邪予防にもつながります。

STEP2<のどにはハチミツ大根>

Photo by trg-az
気をつけてはいても、外にはウィルスがいっぱい。どうしても避けきれないことがあります。
のどに違和感を感じたら、ハチミツ大根で早めのケアをしましょう。
作り方は簡単。大根を1~2センチ角に切り、コップなど深さのあるの容器に入れます。そこにハチミツをかけて待つだけ。
しばらく置くと大根から水分が出てきます。
それを別の容器に取って飲めばOK。
飲むときはなるべくゆっくり、のどを潤すようにしてください。
大根からは、しばらく水分が出るので、何回か使用できます。
例えば、夜飲んだら、そのまま置いておけば、次の朝にはまた水分が出て、飲むことができます。
水分が出きった大根を食べることも可能です。
そのまま食べてもよし、水を足した大根を火にかけて、醤油やだしの素で味つけして食べてもいいですよ。

STEP3<寒気がしたらネギスープ>

Photo by trg-az
なんだか寒気がする、今日は体が冷えちゃったなぁというときにはネギスープです。
作り方は、ネギをななめに薄く切って、おろしショウガと一緒に鶏がらスープの素で煮ればOK。最後に塩・コショウで味を調えてください。
ネギが好きな人は5センチくらいに大きく切ってもいいですし、鍋にスープを入れる前にネギとショウガをゴマ油でさっと炒めても香りが立ってより美味しくいただけます。
しっかりお腹にたまる料理にしたければ、一緒に大根やニンジン、鶏肉を入れると具だくさんスープになります。
ネギやショウガは体を温める効果があります。そして、それを温かいスープで取ることによって、さらなる温め効果が期待できます。

まとめ

ポイントは日ごろから体調に気をかけることです。
毎日、自分の体調を気にしていると、少しの変化にも気づくことができ、初期のうちに対処することができます。


Photo by trg-az

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

・ミカン ・ハチミツ ・大根 ・ネギ ・ショウガ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ