キッチン効率収納法☆

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7089
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by puqpuqo5o5
キレイにスッキリさせたいけれど、主婦の仕事場であるキッチンはなかなかそうはいかないことも。
主婦の仕事場。仕事場なら仕事場らしく、効率の良い空間を作ったらどうだろうか。

STEP1動線を考える。

Photo by puqpuqo5o5
例えば私の場合、お米を水道の下にしまっています。(湿気はうちの場合夏も気になりませんでした。)

さらに、炊飯器の釜をその上に置いています。

これで、お米を炊く時の動線が結構短縮されます。

釜を洗った後も、水道の下に直ぐしまえます。

STEP2道具、調味料は作業する場所のすぐそばに。

Photo by puqpuqo5o5
みんなやっていて基本かもしれないですね。

一番良く使うものは、作業中に手が届きやすい場所に置きます。

火の元で使う道具は、コンロから見て右側に。私、右利きなので。

ニワトリの形のカゴの中には、鰹節、青のり、パセポン、ふりかけ、など、仕上げに使うものを置いています。

シンク台で盛りつけする時など楽です。

STEP3使うものしか置かない。

Photo by puqpuqo5o5
今は主人と二人暮らし。棚に置く食器は、基本二枚ずつ。

お客さん用はシンク台の上にしまって、必要な時に出します。

ちなみに、この棚はシンク台の後ろに置いてあるので、水道で食器を洗った後、拭きながら身体を後ろに向かせてしまっています。

短い動線で時間の節約!

まとめ

いつもの自分の動線を思い出してみましょう。結構無駄な動きがあったり、もっと楽が出来ることが分かったり、改善できるところが見つかって、主婦の仕事場が楽しくなると思います☆

photo by puqpuqo5o5

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ