部屋をスッキリさせるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:13691
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by NO NAME
なんだか部屋が片付かない、片付ける時間が無いなど、いろいろ理由はあると思います。
でもやっぱりスッキリ片付いたキレイな部屋にしたいですよね。
今回は、部屋をスッキリ片付けるコツをご紹介します。

OKGuide特集 「運を呼び込むお掃除術」

STEP1【部屋をスッキリさせるコツ その1】

Photo by NO NAME
片付けが苦手なタイプが3タイプあります。

1)未来不安型
いつか起るであろう未来への不安要素に投資するタイプです。
特徴としては、トイレットペーパーや洗剤など日用品を過剰にストックするなど「無いと困る、無くなると不安」になるのです。このタイプは1番多いタイプです。

2)過去執着型
今はもう使っていない過去の物を取っておくタイプです。
大量の写真、用をなさない免状などを後生に大事に保管し、昔の幸せな時代へのこだわりを持っています。現実に目を向けたくないという意味では、現実逃避型とも絡みます。

3)現実逃避型
忙しくて家にいる時間が無いために、片付けができないタイプです。
家庭に不満があるなど、実は家にいたくないから忙しくしているという場合も多いです。また、家が散らかっているので余計に家に帰りたくないという悪循環に陥りがちです。

まずは自分がどのタイプに当てはまるのか、調べておきましょう。

STEP2【部屋をスッキリさせるコツ その2】

Photo by NO NAME
断捨離では、「掃除」を片付け・整頓・掃除の3つに分類して段階分けします。
断捨離でいう片付けとは、物の絞り込みのことです。物を減らさないうちに、整頓や掃除を始めても混乱を招くだけです。
収納術も、まずは片付けという物を減らしてから機能するものです。

そして「もったいない」から捨てられないと思いがちですが、そもそも過剰に生産され過ぎている状態のほうが「もったいない」のです。
物を大事に思うのは良い心がけですが、無意識・無自覚に物を保存、保管、放置しておくのは本来の「もったいない」ではありません。ただ無駄に場所を使い、それこそ空間などをもったいなく使っています。

まずは自分がどこから片付けを始めるかなどを決めましょう。
片付けるのがおっくうになる箇所があれば、そこにある物は思い入れが強かったり、大きくて重たい物だったりと今の自分にハードルが高い物の可能性があります。さらにどこからみてもゴミという所もあるはずなので、まずはそこから着手してみましょう。

時間も短時間費やすのであれば、戸棚や引き出しなど、1分しかないのであればお財布の中など割ける時間からできる場所を割り出しましょう。
短時間でも継続して片付けることで、いつの間にか片付いたスペースが広がっていきます。

STEP3【部屋をスッキリさせるコツ その3】

Photo by NO NAME
そして物の仕分けをしていきます。
「要る→要らない」「相応しい→相応しくない」「心地良い→心地良くない」というように、考え・思い・感じる回路を徐々に磨いていきます。

いくら使う物であっても、住まいや収納の広さに見合わない量であれば、絞り込みましょう。スペースに見合った量になり、はじめて今の自分にちょうど良い量だと気づかされることでしょう。

まだ使える物を捨てる場合は、「使い切れなくて、ごめんなさい」
大事に使っていた物や頂き物は、「ありがとう」と声をかけて手放しましょう。
※家族の物は勝手に捨てないことです。まずは自分の物から捨てましょう。

人に譲る際は「もらってもらう」気持ちで。「必要なければ遠慮無く処分してください。」の一言があると、もらった人も心理的に楽になります。
ゴミも捨てる時は、しっかりと地域のルールに従って捨てましょう。他人に迷惑のかかる捨て方はやめましょう。

ただ捨てるだけではなく、「今」の自分にとって必要かそうでないかなど考えて手放していきましょう。そして物たちに感謝の気持ちを込めて手放しましょう。
こうしたことを繰り返していくと、だんだんと片付けが楽しくなり、上達していきます。
まずは小さなところからでもいいので、さっそく片付けをはじめてみましょう。

まとめ

OKGuide特集 「運を呼び込むお掃除術」

参考 「見てわかる、断捨離」監修やました ひでこ

photo by sozaijiten

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

片付ける気持ち キレイにする努力

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ