英語を上達させるためのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4369
  • ありがとう数:0

はじめに

「英語がうまくなりたい!」と言っても、英語のスキルにはリスニング・スピーキング・リーディング・ライティング・文法・単語などがあります。「何から始めていいか分からない~」とならないように、少し整理してみましょう。

STEP1<b>聞く&話す</b>

子供が言葉を覚えていくプロセスと同じで、やはりよく聞いて吸収し、真似して話してみる。これを繰り返すのが上達の近道です。ただ何となく聞く(hear)のではなく、聴く(listen)ようにしましょう。聴いては話す、話しては聴くを続けていくことで「英会話」のスキル、つまりスピーキング力とリスニング力は確実に上がっていきます。<聞く・話す>はペアとして捉えましょう。

STEP2<b>読む&書く</b>

<聞く・話す>と同様にペアとして捉えるべきなのが読み書きです。他人の書いた文章をたくさん読めば、「こういう風に書くのか」と盗めるので、自分のライティングにも取り入れてみればいいのです。<読む・書く>を繰り返していくうちに、いつの間にかリーディング力もライティング力も上達していることに気づくでしょう。ちなみに得意か苦手か、好きか嫌いかは関係なく、日本語で普通に読み書きができれば、英語の読み書きも習得できると言われています。

STEP3<b>文法&単語</b>

文法と単語を勉強するなとは言いませんが、それだけに集中するのはおススメできません。実は上記の<聞く・話す>と<読む・書く>のどちらか、または両方を実践していけば、自然についてくるスキルなんです。ただし読み書きの方は、特定の分野だけに集中するとあまり語彙は増えないでしょう。語彙を増やしていくコツは、新しい単語を聞いたり見かけたら、会話や文章でどんどん使ってみることです。

まとめ

英語上達の目的が英語で会話できるようになることであれば<聞く・話す>に集中すればいいですし、活字からの情報収集や英作文であれば<読む・書く>を重視すれば、バランス良く上達していけるでしょう♪

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ