コンビニ族の冷蔵庫に、昆布

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

 コンビニ弁当で食事を済まされることが多い方に、面倒でない「もう一品」をお勧めします。  昆布はトッピングや口寂しい時のおやつにピッタリです。少しだけでも、栄養たっぷり!

STEP1■とろろ昆布のパワー

 食物繊維の宝庫であり、ミネラルのたっぷりのとろろ昆布。汁物にちょっと入れるだけで風味も増します。食物繊維で腸内を整え、悪玉コレステロールを排出し、ミネラル分で体のバランスを取る、とても力強い食物です。

 とろろ昆布には、中性脂肪の上昇を防ぐ役割があると判ってきました。普通の昆布よりも、その威力は強いそうです。薄く削っているからでしょうか。

 また、基礎代謝を高める、甲状腺ホルモンの原料となるヨウ素も含んでいます。ダイエットにピッタリですね。

 かといって、食べ過ぎると、今度は甲状腺が肥大することがあります。どんぶりに入れて、ご飯代わりにしていたら、大変なことになります。うどんや汁物にトッピングレベルなら、問題はありません。

STEP2■おやつ昆布だって力持ち

 昆布にはがん予防に期待が寄せられています。昆布に含まれる食物繊維の一種、フコイダンががん細胞をやっつけてくれるというのです。医薬品として発売はされていませんが、普段の生活から取り入れることで、生活習慣病と共にがん予防も出来るかも知れません。

 おやつ昆布や酢昆布でも、この力は変わりません。お勧めします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ