コンビニ族の冷蔵庫に、もずくをすすめるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

 コンビニ弁当で食事を済まされることが多い方に、面倒でない「もう一品」をお勧めします。  もずくは、カップに入って売られていることが多いので、フタを開けたら直ぐに食べられるのもがいですね。野菜不足の方にピッタリの「もう一品」です。

STEP1■もずくは食物繊維のかたまり

 もずくのぬるぬるは、食物繊維です。この食物繊維は、大腸まで完全に消化されません。十二指腸、小腸と通っていく間に、水分を吸収し、どんどんと膨れ上がり、腸を程よく刺激してくれるようになります。

 腸を刺激し、動きを活発化させると、便通が良くなります。

STEP2■悪玉コレステロールをやっつける

 水溶性食物繊維は、悪玉コレステロールを包んで排泄する役割を持っています。もずくは水溶性食物繊維を含んでいますから、コレステロール値が高い方には、特にとってもらいたい食品です。

STEP3■抗アレルギー作用も

 現在、注目されているフコイダンという物質が、もずくに含まれています。これは、元々体になかった細胞を、自滅に追いやる物質です。

 自滅と書くと怖い感じがしますが、胃潰瘍の原因となるピロリ菌をやっつけたり、がん細胞を増やさないようにしたりと、体の中で頑張る物質です。体内の異物をやっつけた結果、アレルギー症状が軽減することがあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ