中華まん≪饅頭(まんとう)≫の作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ホカホカの中華まんが食べたくなる季節が近づいてきましたね。買って食べられる方が多いと思いますが、意外と簡単に作れちゃうんです!手作り≪饅頭≫を試してみませんか。

STEP1<b>饅頭(まんとう)と中華まんの違い<b/>

あんまんや肉まんのように、中に餡が入っている、いわゆる中華まんじゅうは
日本でもおなじみですが、正確にはあんの入ったものを包子(パオズ)、何も
入っていないまんじゅうを饅頭(まんとう)といって区別しているそうです。
饅頭はご飯やパンのように、主食とされています。

STEP2<b>饅頭(まんとう)の作り方<b/>

1.ぬるま湯にドライイーストを溶かして混ぜておきます。
 ※熱湯で溶かすとイースト菌が死んでしまうので注意!
2.1に牛乳、溶かしバター、砂糖、塩を混ぜます。
3.ボウルに薄力粉を入れ、2を少しずつ注ぎながらゆっくりと混ぜていきます。
4.練ります。
 最初は軽く、粉と水がほぼ混ざり合ったところで平らな台に取り、
 少量の打ち粉をして、片手ずつ体重をかけながら生地を練っていきます。
5.耳たぶくらいの軟らかさになったら、ビニール袋に入れ、常温で20分ほど
 ねかせます。(生地は2倍くらいに膨らみます)
6.平らな台に打ち粉をして、まず生地に体重をかけるようにしてガス抜きをして
 から、押して伸ばして軽く練り、棒状にまとめます。
7.6を4等分に切り、両手の中で転がすように丸く形を整え、再び20分ほど常温で
 ねかせます。(お好みで小さくしてもOKです)
8.蒸し器にさらしを敷き、饅頭を並べて20分蒸してできあがりです。
 ※蒸しあがりは膨らむので、間隔を開けて並べてください。

STEP3<b>食べ方<b/>


 あんまんは市販のこしあんを使って、肉まんはご自宅の餃子の餡で試して
 みてください。
 (STEP2の7のところで次の作業をします)
1.手のひらで生地を平らにして潰し、中央を厚めに伸ばします。
2.餡をのせギュッと絞るようにして閉じます。
4.まんじゅうの要領で形を丸く調え、20分ほどねかしてから蒸します。
  

まとめ

◇ご家庭で中華料理を召し上がるとき、餡の入っていない饅頭(まんとう)を  作って、ご一緒にどうぞ!料理の残り汁を饅頭にすくって食べるとGOOD!  蒸してからの状態で、冷凍保存もできます。  解凍する時は炊飯ジャーで!簡単に蒸したてのようになります。    

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

材料・4個分 ・薄力粉 200g ・砂糖 中さじ3弱 ・塩 小さじ 1/4 ・溶かしバター 小さじ1/2 ・牛乳 中さじ2 ・ドライイースト 小さじ1 ・ぬるま湯 100cc

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ