メイク用ブラシを揃えよう

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kuroiusako
簡単にきれいにメイクしたいならメイクブラシを揃えた方がいいですね。ブラシの選び方のコツなど紹介。

STEP1

プロのようにきれいにメイクしたいなら絶対メイクブラシは必須。
でも、ブラシは高いしなかなか揃えられません。
また、形や種類がたくさんあってどれを選べばいいかわかりませんよね。
持っておくとよいブラシと選び方のコツをお教えします。

STEP2フェイスブラシ 必要度★★★

Photo by kuroiusako
たっぷりとした毛量で、丸い形のものを。
ここは、肌に刺激にならないようにしたいところ。
ケチらずにいいものを購入しましょう7000円から10000円くらいが目安。
材質は灰リスなど、天然素材で柔らかいもので、毛先をカットしていないもの。

フィエスパウダーをつけるときや、チークを丸くふんわり入れるときに使用します。
シェーディングを入れるのにも応用できます。
一本だけ買うなら迷わずこれ、絶対に持っておきたいブラシです。

STEP3アイシャドーブラシ 必要度★★

Photo by kuroiusako
アイホールにグラデーションをつけて入れられるブラシ。横幅1-1.5cmくらいのもの。
メーカーによって形は様々ですが、ラウンドタイプがおすすめ。
フィエスブラシ程、毛質にこだわる必要はありませんが、長い間使いたいなら良いもののほうがベター。
毛量が少ないので、天然素材でもそれほど高くありません。1000~3000円くらい。

アイホールにぼかしてアイシャドーを入れる他、
ハイライトを部分的に入れるのにも使用できます。

STEP4アイライナーブラシ 必要度★★

Photo by kuroiusako
目の際に引き締め色を入れられる細いブラシ。
ここにきれいなグラデーションを入れられるかどうかが、
アイメイク成功の秘訣。もっておいた方がいいです。
平筆ダイプでも丸筆タイプでもお好みのものを。
こちらも、天然素材でもそれほど高価ではありません。1000~2500円くらい

STEP5アイブローブラシ 必要度 ★★

Photo by kuroiusako
アイブローをパウダーで入れる場合に必要なブラシ。
堅い目で、斜めにカットされています。
これを使用して、パウダーアイブローをいれると、プロの仕上がりです。
また、ペンシルで入れるより早くて簡単です。
ぜひ購入したいです。
材質はそれほどこだわらなくてもオーケー。
柄が短くてもいいなら、パウダーアイブローのパレットに付いているものでもいいです。

STEP6リップブラシ 必要度 ★

Photo by kuroiusako
きちっと輪郭のとれる横幅5mmくらいの平筆がおすすめ。
これなら、ぼかしてリップを塗ることもできます。
グロスの使用できるよう、天然素材ではなく化繊をえらぶとgood.
2000円くらいのものだと、かなり使いやすいですが、安価なものでもオーケーです。
洗ったり拭いたりしないといけないけど、リップの他にもコンシーラーにも使用できます。

STEP7

まずは上記の5本を購入するといいでしょう。

STEP8次に購入するならチークブラシ

Photo by kuroiusako
私はチークはふんわり入れるのが好みですが、
シャープに入れたい方や、きっちり的確に入れたいかたには、フェイスブラシより小さいチークブラシが必要。
また、これは、ハイライトを入れたり、シェーディングを入れるのにも便利。
フェイスブラシ同様、肌触りのいいものを選びたいので、天然素材で毛をカットしていないものを。
7000円くらいが目安。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ