海外旅行で会話を楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

海外旅行では、現地の人と少しでも会話ができれば楽しいものです。会話とはいかないまでも、最低限、5つの短い単語を使えれば、現地にとけ込んだ感じになり、旅が楽しくなります。

STEP1<ありがとう>

これは、いろいろな場面で使います。最低限覚えておきたいところです。

サンキュー(英)、メルシー(仏)、グラッツェ(伊)…。

STEP2<~をお願いします>

注文などするときに、最後にこれだけつけます。印象がよくなります。

プリーズ(英)、スィルヴプレ(仏)、ペルファボーレ(伊)…。

STEP3<こんにちは>

人に会ったらまずは挨拶。海外では挨拶しない人には冷たいです。

ハロー(英)、ボンジュール(仏)、ボンジョルノ(伊)…。

STEP4<さようなら>

出会いがあれば別れがあります。最後も印象よく。

グッバイ(英)、オーヴォワ(仏)、アリヴェデルチ(伊)…。

STEP5<1・2・3>

注文したり切符を買ったり、同行者の人数にもよりますが、1~3ぐらいは知っておくと便利です。

ワン・ツー・スリー(英)、アン・ドゥー・トロワ(仏)、ウーノ・ドゥーエ・トレ(伊)…。

まとめ

以上の5つぐらい使えれば、十分、旅行会話は成り立ちます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ