市販の調味料を隠し味に使う方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

市販の調味料は子供が好む味が多いです。 味が濃いので隠し味に使うことをおすすめします。

STEP1【和食】

『すき焼き専科』はほとんどの和食にかかせません。
甘くて濃い味ですが、他の調味料と合わせて使うと隠し味になったりします。このまま使ってたれにする場合は、一度火を通しましょう。

鍋焼きうどん、油いため、煮つけ、卵焼き、かつ丼(その他の丼もの)、揚げ出し豆腐のたれなど、使い方しだいで味がひきだせます。

STEP2【中華】

『オイスターソース』『味覇(ウェイパァー)』は重宝します。
肉、野菜炒め、チャーハンなど、少量で中華風に変わります。
とても濃い味なので、入れ過ぎには注意しましょう。

STEP3【調味料】

甘いのが好きだからといって、砂糖の使い過ぎや調味料の使い過ぎはいけません。
市販の調味料の分量は、メニューや好みにあわせて調整しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ