応用の利くクッキーの作り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1943
  • ありがとう数:0

はじめに

一番簡単なレシピで、一番応用が利くお菓子。可愛くもできて恰好も付けられるお菓子。
それがクッキーです。

STEP1まずは基本のクッキーのレシピ

○材料
 ・小麦粉 200グラム
 ・砂糖  60グラム
 ・卵   1個
 ・バター 100グラム
 ※ココア味にしたい場合 ココア 大さじ2
 

○作り方
 1・小麦粉を2回ふるう。
 2・常温か電子レンジでバターを柔らかくし、クリーム状になるまで混ぜる。
 3・クリーム状になったバターに砂糖を加え、全体が白っぽくなるまで混ぜる。
 4・白っぽくなった3に、卵を入れてさらに混ぜる。
 5・4が全体的に混ざったら、ふるった1を入れて切るように混ぜる。
 
この工程で、基本のクッキー生地完成です。

※4⇒5のときは「炊きあがったご飯を混ぜる」感覚で混ぜて下さい。
※ココア味にしたい場合は「小麦粉とまぜて」ココアをふるって下さい。
※ココア味のクッキーを少量作る場合は、「クッキー生地を少し取り分けて、その量に合ったココア(生地50グラムなら⇒ココア茶さじ2分の1くらい)」を加えてください。

STEP2「クッキーサンドケーキ」を作る場合

6・全部ココア味にしたい場合は「ココア 大さじ2」を小麦粉と一緒に加えて混ぜる。
7・2~5の工程で生地を作る。
8・クッキー生地をひとまとめにして棒状にしてラップで包み、一時間~二時間くらい冷蔵庫で寝かせる。
9・冷蔵庫から生地を取り出し、棒状の記事を包丁で7ミリくらいに切り分ける。
10・9と当時進行で、オーブンを160~170℃くらいに予熱しておく。
11・クッキングペーパーを引いたオーブン用バットにクッキー生地を並べ、焼き色を見ながら約20分くらい加熱。
12・クッキーが焼けたら、よく冷ましておく。
13・クッキーを冷ましている間に、生クリームを泡立てる。少し固め、全体的に固まってくるくらいまで撹拌する。
14・お皿に「後から全体的にデコレーションしやすい」様にクッキーを並べる。
15・並べたクッキーの上に生クリームを塗り、クッキー⇒生クリーム⇒クッキー⇒生クリーム……の順で、最後にクッキーが上になるよう重ねる。
16・全体を生クリームで、デコレーションする。
17・冷蔵庫に入れ、冷やして出来上がり。

STEP3「お絵かきクッキー」を作る場合

6・「基本のクッキー生地」を作り、その半分くらいをココアクッキー生地にする。
7・「ケーキ」と同じ工程で、2種類のクッキー生地を冷蔵庫で寝かせる。
8・「麺棒で生地を伸ばして大きめのクッキー型で生地を抜く」か「棒状に伸ばしたクッキー生地を7ミリくらいの厚さに切る。

9・その大きめのクッキー生地に、爪楊枝や竹串で絵を描く。黒っぽい色はココアクッキーで出したり、2種類を混ぜて中間の色を使ったりするのもお勧め。
10・160~170℃くらいにオーブンを予熱しておき、クッキングペーパーを敷いたバッドの上に並べ、焼き色を見ながら約20分くらい加熱して、出来上がり。

STEP4クッキーだけでもいろいろできる!

このガイドではクッキーを紹介させて頂きましたが、意外と応用が利くお菓子が「クッキー」だと思います。
たとえば「基本のクッキー」に、

・マシュマロを軽く焼いたものを挟む
・アイスクリームでデコレーションする

という事をしても、割かし豪華に見えて美味しくて面白いですよ。

簡単で単純な分、応用が利くクッキー。
時間もかかりませんし、ぜひ試してみて下さいね。

まとめ

※「クッキーサンドケーキ」はクッキーから手作りする方法を載せましたが、市販のクッキーやビスケットでも十二分に美味しいです。
※ビスケットを使う場合は、生クリームを重ねる前に「ビスケットを牛乳にひたす」工程を入れてください。
※ケーキを作る場合はフルーツを挟んだりすると、一見「デコレーションケーキ」に見えます。

※「お絵かきクッキー」8の工程で、2種類の記事を細い四角の棒状に切り分け、画像の様に配置⇒今度は冷凍庫で寝かせて、7ミリ~1センチくらいに切り分けて焼くと「アイスボックスクッキー」が完成します。
※ココアを使用する場合のみ書かせて頂きましたが、「抹茶」「ジャム」「ナッツ」「ゴマ」「アイシング」などを使っても面白いクッキーが完成します。

※クッキーは「バターをよく混ぜる」工程さえしっかりやっておけば、多少生地を練りすぎても美味しく出来上がります。
※他の工程はある程度手を抜いても大丈夫ですが、「バターをよく混ぜる」工程だけは出来る限り手を抜かない事をお勧めいたします。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ