モテメイクをつくるコスメリスト ポイントメイク編

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

どんなメイクアイテムを購入したらよいか解らない、たまる一方のメイクアイテムを一掃したい方へ、モテメイクをつくるのに必要なポイントメイクアイテムリストを紹介。

STEP1・チーク ★★★

 一番印象を変えられるポイントメイクは実はチークです。
 チークをつけるだけで肌色がきれいに見え、女性らしく見えます。
 色を選ぶポイントは、頬につけてみて肌全体がきれいに見える色です。
 手の指を反対側の手でぎゅっと抑えたときの指先の色が、自分の血の色。これを基準に選ぶと失敗しません。
 うるうるした感じに仕上げたい方は練りタイプ、ふんわりした感じ仕上げたい方はパウダータイプを選びましょう。

STEP2・リップ ★★★

 チークの次に重要度が高いのがリップ
 こちらも肌全体がきれいに見える色を選びます。
 失敗しないポイントは元々も唇の色に合わせること、下唇の噛み合わせ部の色味に合わせましょう。
 パールやラメが入っていると、リップが落ちた時に不自然にラメやパールだけ残るので、入っていないものの方がおすすめ。

STEP3

・ラメやパールが控えめなブラウン系パレットアイシャドー ★★

 アイシャドーはブラウン系のアイシャドーが必須です。
 ナチュラルメイクも、キリッとメイクもこれでいけます。濃くつけたらゴージャスにも仕上げられます。
 簡単にグラデーションがつくれるパレットタイプがおすすめ。
 ブラウンでも少しグレイッシュな色味を選ぶと、洗練されたイメージに仕上がります。
 マットなものはアイブローとしても使用できます。

STEP4・黒いマスカラ ★★

 マスカラは断然黒色がおすすめ。
 パンダになりにくいフィルムタイプがいいでしょう。
 ダマにならない繊細なまつげをつくるためには、頻繁に買い替えた方がよいので、高いものよりプチプライスなものがいいと思います。

STEP5・ペンシルタイプのアイブロー ★★

 ペンシルが柔らか過ぎずに、毛一本の細さの線が描けるものを選びます。
 好みもありますが、ブラウン系の色がナチュラルに仕上がるのでおすすめ。
 

STEP6・アイライナー ★

 普段使いするなら、ペンシルタイプがもっともおすすめ。簡単に使えて、深みのある目元が表現できます。
 色味はダークなブラウンがベスト。引いた上から好みのアイシャドーパウダーを乗せればその色になるので、色んな色味のアイメイクに使用できます。
 もう少し、印象の強いアイメイクにしたいならジェルタイプがいいでしょう。

STEP7あると、表現が広がるアイテム

・クリームアイシャドー:ツヤのあるゴールドベージュや淡いピンクなどがおすすめ。アイシャドーをつける前に使用すると、持ちと発色が良くなる。単品で使用してナチュラルでツヤ感のあるメイクも楽しめる。
・眉マスカラ:ナチュラルな眉毛がつくれる、薄めの色でパール感のないものを選ぶ。
・透明グロス:グロスは透明が一番おすすめ。リップに重ねたり、これだけをつけたりできる。リップライナー+グロスという使い方もgood
・2色目のアイシャドーなら・・・:濃いマットな青みの紫がおすすめ。ノーブルで女らしい目元が表現できるので是非。
・2色目のリップなら・・・:思い切って真っ赤。目元やチークを控えめにして使用する。決まるとすごく素敵な女性になれます。
・つけまつげ:使用した時の効果は絶大。普段使用しない人も、持っておいて、ドレスアップの時につけれるようにしておいた方がベター。

まとめ

★★★ 必ず毎日必要 ★★  ほぼ毎日必要 ★   毎日必要ではないが持っていた方がよい

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ