子供が早く自転車に乗れる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1228
  • ありがとう数:0

はじめに

子供が早く一人で自転車に乗れるようにするには、補助輪を付けないことです!

STEP1<b>【補助輪は使いません】</b>

子供に自転車を買い与える時は、補助輪が最初から付いていたり、別に用意してしまいますが、付けない方が上達が早いです。購入した自転車に補助輪が付いていたら、自分で取り外しましょう!

STEP2<b>【サドルを目いっぱい低くする】</b>

そもそも、まだ自転車に乗れない子に、下に足が届かない自転車は買わないと思いますが。準備として、まずサドルを一番低くして、両足で地面を蹴れるようにします。そして、自転車にまたがってからは、ペダルでこぐことは教えずに、両足で地面を交互に蹴って(走るような感覚で)進む感覚を覚えさせます。ペダルがちょっと邪魔でしょうが、子供は進むことに夢中になっているはずです。ブレーキで止まるんだということも、この段階で教えます。

STEP3<b>【バランス感覚が付いたらペダルをこぐ】</b>

親から見ていて、もうペダルをこいでもいいかな?と思ったらペダルをこいで進ませましょう!あるいは、自分で無意識のうちにペダルに足を載せてこいじゃってるかもしれません。最初、バランスを崩したり、転んだりするかもしれませんが、上達は早いですよ。転んでしまう経験も大切ですから、芝生や土のある公園が最適ですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ