自分に合った病院選びのポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:539
  • ありがとう数:0

はじめに

健康が一番! でも病院のお世話にならない人はそうそういませんよね。医療現場の現状を考えると病院選びの成功率は高くはありません。段階に分けて探してみませんか?

STEP1<b>まずは病気の種類やレベルを重視しましょう<b/>

・先進医療技術を必要とするご病気なら、機械等の設備が整っていることが
 大切です。
 この場合、大学病院などの大きな病院になることが多いです。
 専門的な検査や治療を必要とする患者さんが多いので、治療に専念され
 がちです。
 まずは、施すべき治療をしてもらえる病院を選んでみましょう。

・臨床経験の多いDr.は強い味方です。
 「万が一」の時のために、周りの人の口コミ評判には常にアンテナを
 張っておくことをおすすめします。

STEP2<b>患者サイドで病院やDr.を選びましょう<b/>

・今やセカンドオピニオン、サードオピニオンは珍しいことではありません。
 ご自身のもしくはご家族の大事な命ですので、一軒の病院、一人のDr.だけでは
 なく、違う病院や違うDr.に診てもらい、ご自身で選びましょう。

 この場合、どこに重きを置いて病院を決めたいかを理解している事が大切です。
  治療を最優先にするのか、病院の雰囲気も重視したいのか、などです。  

STEP3<b>長期に渡る治療になる場合は<b/>

・持病や術後のケアなど、長い付き合いになる病院選びは大事ですね。
 技術だけでなく、精神的フォローも必要になります。
 経済的に許せるなら何軒もの病院を巡って…という事も可能かもしれません。
 地域によっては選ぶほど病院がない所も多いです。
 
 病院サイドと患者サイドには、長い付き合いによる理解が必要です。
 信頼関係が生まれ、伝えやすい、聞いてもらえやすい環境を作るためには
 時間を要してしまうこともあります。

まとめ

◇ 自分に合った良い病院を選ぶことは医療現場の現状を考えると、
  厳しいものがあります。

  その中でも、どうせ行くなら…
  病気の状況で段階分けして、失敗のない病院選びをしてみませんか。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ